クリスマスイブに、お別れしてきた

知らない人もいるかと思いますが、僕は独立国家を作るというプロジェクトを10年以上前から少しずつ進めていて、去年の春からは友人のツテで埼玉県秩父市に畑を借りる事ができ、実際に自給自足をベースにした国を作る実験をしています。秩父で始めたので秩父王国と名付けました。

建国見学会:集合写真
(2015年5月の建国初期の頃の写真)

その畑は、秩父鉄道武州中川駅から徒歩7分ぐらいの所にあって、大きさは50m x 25mぐらい。1年目は1/4ぐらい、2年目の今年は半分ぐらいの土地を使って、トマトや人参やパクチーや枝豆やスイカやトウモロコシやイチゴやキュウリやピーマンやジャガイモやカボチャや春菊やシシトウなどを育ててきました。今まで、のべ150人ぐらいがこの畑に来て作業を手伝ってくれました。

ただ、今年はあまり手入れが出来なかったし、来年も同じ事になりそうな気配があります。耕作放棄地だったら、それでも多少は許されるかもしれませんが、ちゃんと使える畑を放置しては、あまりにも申し訳ない。そこでお借りしている畑を、一旦返却する事にしました。分かりやすくいうならば、一時撤退というところでしょうか。

返却する前の畑
(今日の畑。育てているものは何も無い)

なにしろ、王国建設の始まりの地です。思い入れはタップリあります。そこで現地に行って軽くお別れをしてきました。クリスマスイブなのでちょっとセンチメンタルな例えをするならば、忙しくてあまり会えなかったので疎遠になってしまった末に別れてしまった恋人みたいな存在、といったところでしょうか。とにかく残念でなりません(別に恋人に例える必要はないけど)。

でも最近は手放す勇気も色々ついてきたので、ここが手放し時だと感じています。手放す事で、新しい何かが飛び込んでくるはずだと信じて手放します。今年は秩父城という拠点を作る事ができたので、全体としては一進一退という感じでしょうか。

来年どうするかは、年が明けてから、ゆっくり考えます。秩父城にも小さな畑があるので、家庭菜園は続けるつもりです。王国建設は、来年も続きます。

なぜ地域と関わるのか?

寺坂棚田
昔、あるシェアハウス運営者に、

 「何でシェアハウスを始めたんですか?」

と聞いたら、

 「イベントをやって人が集まっても、結局その日限りで終わっちゃう。だからずっと集まって居られるようにシェアハウスを始めた」

と言っていた。

なんで秩父という地域とかかわっているのかなと思って自分の心の奥を探ったら、この言葉が出てきた。

シェアハウスに住んでいても、いつか別れる時が来てしまう。それはそれで良い事なのだけど、家という関わりから地域という関わりにスケールを変えると、もっと長い間、同じ人と付き合う事が出来るんじゃないか。

無意識だけど、そんな事を考えながら最近は行動している気がします。

秩父城オープンしました

僕が企画・運営する3軒目のシェアハウス「秩父城」が2016年4月15日にオープンしました。埼玉県秩父市で初めてのシェアハウスです。
秩父城外観

こちらはオープニングパーティーの様子です。
13036411_1158426477523346_390208447_o

都会はシティファーム(南砂雑色)、田舎は秩父城が出来た事により「田舎と都会をつなぐシェアハウス」というコンセプトがついに実現できました!!

ここまで来るとは思っていなかったので、ちょっと感慨深いです。

#秩父会議 その2 ツリーハウスの構想を練る

新小岩のパパン物件で2日連続の秩父会議をしました。
秩父会議@新小岩

この日のテーマは上田くんが構想中のツリーハウスをどうやって建設するかという事。具体的な場所はあるんだけど、山の中にただツリーハウスがポツンとあっても面白く無いので、どうやってプラスアルファを付けるかみんなで意見を出し合いました。

安藤さんの長野県塩尻市の例なども参考にしながら、もう一工夫必要だなぁというところで時間切れ。次回に持ち越しとなりました。

#秩父会議 その1 #秩父雲海 まとめを作る

池袋の高野さんのマンションで秩父会議をしました。
秩父会議@池袋

この日の目的は雲海ハンターのタナケンこと田中健太さんと会うこと。西武鉄道さんのページで彼の撮った雲海の写真や情報が紹介されるなど、秩父雲海の第一人者です。

で、様々な雲海写真を見ているうちにムラムラして作ったのが、こちら。

【東京から一番近い雲海】秩父の雲海まとめ

最初は1000PVぐらい行くといいなと思っていたら、グングンアクセスが伸びてあっという間に5000PVを突破しました(11/21現在7700PV)。

雲海のシーズンはなんといっても冬。秩父の冬は遊びが少なかったんで、良い楽しみができました!