10年ぶりにカラオケに行ったら、世界が少し小さくなった話

この間、(たぶん)10年ぶりぐらいでカラオケに行って、歌っていいな〜と思ったので、その時の話を。

 *  *  *

僕は元々あまりカラオケに行かない人で、音痴で歌が下手なのがその理由です。「あまり」を通り越して一切カラオケに行かなくなったのは、自分の会社を作った後、今からだいたい10年ちょっと前の事です。

人手もお金もない会社設立当初の僕にとって、時間は貴重な資源。僕は徒歩10分の会社までの通勤時間を5分に縮めるために自転車を買ったりしていました。そんな中、カラオケに行くと短くても2〜3時間、長くなると朝まで時間を使ってしまうので、それがもったいなかったのです。

それだけの時間があれば誰かと相当深い話ができるし、朝までカラオケに行ったら人と仲が深まるとはあまり思えなかったし、実際、深まりませんでした。

自分の会社を作る前は、先輩だったり上司だったりがいるので、つまらないと思いながらも仕事関係者とつきあいでカラオケに行くこともあったのですが、自分が社長になってしまうとそういう事も無くなりました。

そんな気持ちが変化したのは、つい先日のこと。みんなでの食事会の後、終電まで1時間あったので、その間だけカラオケに行く事になったのです。その場の雰囲気も良かったし、1時間なら、まぁいいかなと。

店に入ってみんなでマイクを回すうち、いつしか中国語の曲が流れてきました。歌っているのは、中国人なんだけど黙っていると日本人と区別つかないぐらい日本での生活が長い人で、その日もずっと日本語で話していたので、中国語で歌うのは少し意外な感じがしました。

曲はスローなバラードで、歌詞の細かい意味は分からないけど、画面に映る漢字と時折交じる英語からラブソングというのは伝わってきます。どこか切なく温かく、シンプルに愛をうたいあげるような曲でした。

お酒も入っているので少しぼーっとしながら、僕はずっとその曲を聞き入っていました。普通の流行歌なので時間にしたら3分とか5分ぐらい。でもその時間がとても長く感じました。言葉が分からない分だけ、一生懸命に何かを感じ取ろうとしていたからかもしれません。

歌には言葉が分からなくても気持ちを伝える力があります。この日のカラオケで流れたのは日本語と英語と中国語の歌だったけど、フランス語だったり、韓国語だったり、自分の世界が広がる度に少しずつ異国の言葉が耳に入ってくる機会が増えていきます。

言葉を覚えるのは本当に難しいから、歌が流れる3分間だけでも、国境や言葉の壁を越えて歌が心の中に響き渡るといいなと思いました。

音楽は世界の共通語。日本人とカラオケに行きたいとそんなに思わないのだけれど、言葉があまり通じない国の人達と、もっと言えば、言葉があまり通じない国の人達だからこそ、一緒にカラオケに行って歌うのはアリなんじゃないかなと思ったのです。

 *  *  *

そんな僕のオススメの歌は、前にも紹介した事があるけど MATT DANCEという有名な動画で使われているPraan(いのち)という歌です。元はインドの詩人タゴールの散文詩で、ベンガル語で歌われています。まったく言葉が分からない歌の中で一番好きな歌です。良かったら歌詞も読んでみて下さい。

●曲 http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=zlfKdbWwruY
●歌詞 http://alcom.alc.co.jp/users/233356/diary/show/269844

2013年12月の出来事まとめ

イバヤさんが毎月開催しているNight walkers, don’t be afraid.というイベントに参加しています。1ヵ月に起きた事を月末に振り返って一番やばいと思った事をつらつらと書くイベントです。その準備として、まずはこの1ヵ月に僕の身の回りに起こった事を列挙していきます。

夜の工場

【2013年12月にあった事】
1日 永田親子を佐賀から呼んでfacebook勉強会を開催。色々新しい出会いが生まれて良かった。
2日 鉄道模型合宿スタート。レイアウトの土台が完成する。
3日 毎月11日に何かをする会をやりますよ、と書いた。
4日 知り合いが単行本の取材で遊びに来る。「シェアハウスは生き方です」とか答えて困惑させる。蓬莱泉の美という日本酒がうまい。今年のベストSAKE!
5日 素敵なオジサマと2時間雑談した後にボッチライフ編集長のニタサカさんと4時間も飲む。勢い余って終電を逃す。
6日 マンガ喫茶から朝帰り→嫁とランチ→仕事→シェアハウスで6時間も飲む→2名泊まり
7日 シェアハウスの撮影打ち合わせをした。イバヤの坂爪さんのブログが面白かった。
8日 たぶん、普通に仕事してた。
9日 ウチ充プロジェクトのプロモーション映像の撮影(自分が被写体)。飛び込み参加者2名も居て愉快。進撃の巨人12巻(DVD付)を買うも読めず。
10日 短いポエムを書いた。
11日 徹夜明けでパンケーキをハシゴ。まさかその2週間後にパンケーキの取材をするとは思いもしない。毎月11日に何かをする会でハタチ基金さんに1000円寄付。
12日 キッチングッズを買いに100均に行ったらクリスマスグッズまで買ってしまう。
13日 休みなのに取材を入れてしまい凹む。ああ、13日の金曜日。夜はシェアハウスの歓送迎会。頑張って紅茶ケーキを作ってみるも、全員揃わず残念。
14日 この日も休みだけど、とある本の著者に取材。会いたかった人だからまぁいいか。
15日 弁当男子してみた。シェアハウスに見学者あり。
16日 米田さんがナインステージの紹介ビデオを作ってくれた。かなりの力作でビックリ。
17日 鉄道模型の本を大量に頂く。ついでに金庫を1人で運んで死にそうになった。夜は知り合いの誕生会に人生初の筑前煮を作って持っていったら、なかなか好評。
18日 進撃の巨人ごっこをしてみた。あと久しぶりに経営セミナーに参加。うっかりすると経営者である事を忘れちゃうので気をつけよう。
19日 菅野さんと新しく麻布十番に出来たガストでランチ。ワールドワイドなガストだった。
20日 【内田家の正月風景】をfbに書いたら意外と反響が。でもそれより、歩ちゃんのブログに興味を持ってくれた人がいて嬉しかった。人生に必要なものって、そんなに多くない。
21日 うちのシェアハウスのプランターに霜柱が立ったらしい。
22日 楽しい自作料理の会に水上佳恵さんが参加。10年ぐらいは会ってないけど、ママになった事以外はきっと変わってないと思う。
23日 一足早い鉄ちゃんのクリスマスパーティーというイベントを開催。徹夜明けだったので気がついたらイスで爆睡してた。こぐすんがタルトケーキを作ってくれて幸せ。2名宿泊。
24日 クリスマスに作るケーキとプレゼントの準備が間に合わなくてバタバタしたけど挽回できず。
25日 頑張ってイチゴのロールケーキを作ったけど、うまく膨らまず残念な形に。でもホイップクリームの作り方をマスターしたよ。
26日 休みの日なのにキッチンスタジオで撮影。先方が良い人で楽しかった。夜は、こぐすんと企画会議。頑張るぞー。
27日 Makersな人たちの忘年会に参加。昔とってもお世話になった小笠原さんと、ちょこっと縁があった岩佐さんに7年ぶりぐらいに再会。全然変わってなくて嬉しかった。あとウチ充プロジェクトのプロモーション動画が公開。ただでこんなに宣伝してもらっちゃっていいのかな~?
28日 麻布十番に新しく出来たウルトラチョップというお店で嫁と飲んでたら起業家の先輩にバッタリ。こんな事もあるもんだ。
29日 朝からキッチン周りの撮影。こういう時シェアハウス便利。
30日 テレビ関係者と仕事納めの打ち上げ。個人的には、前から気になっていたあの話をもっと突っ込んで聞きたかったなぁ。あと毎年恒例の更科堀井で年越しそば。久しぶりに嫁の家に泊まる。
31日 バタバタしながら嫁の実家に。みんなで紅白を観てお正月を迎えた。そんな他愛も無い事が嬉しかった。