若者よ、気軽に選挙に出よう!

すがやんこと、菅谷圭介さんが27歳で豊島区議選に立候補して、落選した。最低当選ラインが1526票、すがやんの得票が972票なので、まずまず健闘したけど当選にはちょっと遠いな、ぐらいの戦いだったのだと思います。

出馬前日の すがやんこと菅谷圭介さん
すがやんの事を知らない人の為に簡単に紹介すると、元々法政大学でゆとり全共闘という不思議な学生運動をやっていた人で、東池袋にある「りべるたん」というちょっと危険な香りのするシェアハウスの創設者でもあります。訴えていた政策については、この辺を。

元々シェアハウスつながりで知り合った人が選挙に出馬するというのは、なかなか新鮮な経験です。というか、知り合いの20代の若者が選挙で出馬するのは初めてです。

今の御時世、組織(政党)に所属せずに選挙を戦って当選するのは、かなり難しいらしい。すがやんは見事にその壁にぶつかって、あっさり負けてしまった訳です。かっこ良くいえばドンキホーテだし、悪くいえ準備不足・力不足な若者の挑戦、といえなくもない。そこは1週間でハッキリ結果が出ています。

近いような遠いような距離感の中で、僕が今回のすがやんの行動を見ていて思ったのは、「なんか昔、自分が会社を作った頃に似ているなぁ」という事です。

すがやんのポスター貼りをお手伝い
僕が最初に友達と会社を作ったのは29歳の時。その時は20代で起業なんて珍しかった、というよりは周囲に1人も会社やってる奴なんていませんでした(少なくとも僕の周りには)。有限会社でも資本金は300万円必要だったし、シェアオフィスやコワーキングスペースなんて洒落たものはなくて、電話1本引くのにも保証金が必要で準備も大変だった。

でも今は、ちょっとイケてる大学生の女の子が「アプリを作って起業します!」とSNSで発信するだけで、VCからとりあえずのお金がもらえちゃったりする時代(実話)。元気のある奴はどんどん起業するし、バンバン儲かっている奴も沢山いる。

だから、すがやんが出馬は、今はまだ珍しい例として語られるのかもしれないけれど、10年後、20年後は「被選挙権がもらえる年齢になったらとりあえず出馬してみるっしょ。リスクないし!」みたいな世の中に変わっているかもしれない。というか、そう変わった方が世の中が良くなる気がしています。

日本の若者は、人口比で高齢者と比べると少ないので選挙では不利です。さらに若者は投票に行かない。だから政治的弱者になりやすい。でも沢山の若者が立候補すれば若者の投票率だって上がるし、若者の方が行動力があるから、10人、20人という単位で立候補者が増えれば、当選する確率だって上がるかもしれない。

若い人は、地盤・看板・カバンがない(あるのは世襲の奴だけだ)。だけど、時間がある。すがやんが4年後もめげずに立候補するかは分からないけど、仮に4年後にも立候補したら人は本気だと思うでしょう。時間というフルイが行動の一貫性を証明してくれるのです。それは若者が持つ大きな武器だ。

確かに今回、すがやんは落選した。だけどそれは、何も変えなかったという事ではない。

「誰かが」割と普通の若者だったすがやんが立候補した事実を知り、「誰かが」駅前で演説する声を聞き、「誰かが」一度に30人もの人間がボランティアでポスター貼りを手伝う様子を目の当たりにし、何かを感じただろう。だからこそ900人を超える人が票を投じたのだと思う。

だから、若い人はもっともっと立候補して、世の中を変えて行くべきなんじゃないか。そんな事を感じました。

猪苗代湖ズの「I love you & I need you ふくしま」が普遍的にイイ!

久しぶりに猪苗代湖ズの「I love you & I need you ふくしま」を聴いて、なんかいいなぁと。普遍的にいいなぁと。

僕は去年、この歌を知って、2011年当時は知らなかった。だから震災の復興ソングとか応援ソングという文脈は分からない。けれども、そういうものを超えた普遍的な良さがこの歌にはあると思う。

♪I love you baby 浜通り I need you baby 中通り
♪I want you baby 会津地方 ふくしまが好き 

何かが好きだと大きな声でいえるのはステキな事だと思うし、その事自体が誰かを勇気づけたり幸せにしたりする。

♪明日から 全てがはじまるよ 君の日々だよ
♪明日から 新しい日々だよ 君の日々だよ

これは直接的には福島の事をうたった歌だけど、本質的には、人の自由とか希望をうたった歌なのだと思う。人はその気があれば、いつでも新しいスタートをきれる。どんな事があっても。1人1人が持っている可能性はいつでもどこでもどんな時でも変わらない。そんな事を歌っていると思う。

だから今聴いても、心にしみるんだろうなぁと思う。

週休3日にして2週間で大きく変わったこと5つ

2015年3月29日からテレビの仕事を週休3日体制にしてもらいました。そうしたら思った以上に人生が変わってきた気がするので、忘れないように現状をメモしてみます。

南千住駅前の歩道橋

1:本当はこうしたいのに…と思っていた事が、できるようになってきた

 例えば週に1度の軽い運動、日々のメールのチェック、読書、細かな雑用など、本当はやった方がいいのになかなか出来ていなかった事が、出来るようになってきました。今まで重かった腰が、すぐにあがるようになってきた感じです。

2:ストレスが減った

 なんとなくですが、イライラが減り気持ちが前向きになりました。徹夜は週に2回しているので、それなりに体は疲れているはずですが、グッタリしている感じがなくなったのが大きいのかもしれません。同時に頭がスッキリしている状態が続いています。

3:集中力が上がった

 番組のスタッフルームにいる時間が短いからでしょうか、テレビの仕事をしている時の集中力が上がりました。いや、仕事以外の各種作業も集中力が上がった気がします。ダラダラ何かをする事が減り、時間を効率的に使えるようになりました。

4:運気が良くなった?

 自分としては建国作業が今一番大事な事なのですが、風向きが変わったというか、運気が良くなったというか、急に色んな話が舞い込んで来るようになりました。時間に余裕ができて、人と会う時間が増えたせいもあるとは思いますが、不思議です。

5:本当にやりたい事、やるべき事をやるようになった

 細切れではなく、まとまった時間が取れるようになったので、時間をかけてジックリ取り組むような事が出来るようになりました。すると、本当にやりたい以外の事に対する興味が減りました。細切れの小さな満足よりは大きな満足に対する興味が増しました。週休3日になる代わりに収入もだいぶ減っているので、そちらの方からのプレッシャーもあるのかもしれません。

自分の中では、5の「やりたい事、やるべき事をやるようになった」というのが一番大きいです。やっぱり何かの為に1日フルで使えると、考え方も変わってくるのだと思います。このペースでしばらく頑張れたらいいな。

2015年3月の一番やばかった出来事

月に1回、自分の行動を振り返るというのは人生を有意義に生きるツールとしてなかなか有効だと思うので、2015年は毎月これを実行しています。1月分2月分

★ルール★
1:できるだけ全部の日の出来事を思い出す
2:でも思い出せなかったらしょうがない
3:その中で、一番やばかった日を決める
4:来月の野望を無計画に表明する

という訳で、2015年3月の出来事

何年かぶりのプロデューサー巻き

3/1 久しぶりに昔住んでいたシェアハウスx-gardenに行く。卒家してから2年が経つけど、ハッシーやケンちゃんが出戻っていて、そんなにギャップを感じず(笑)
3/2 朝5時ぐらいまでファミレスで恋バナ
3/3 物件探し。口コミだけで営業している面白い不動産屋さんと巡り合う
3/4 HaneCafe@清澄白河でコーヒーミーティング
3/5 以前ヒッチハウスさせてもらた、よしけんさんの家に勝手に上がり込む。なんだかホッとする空間
3/6 シティーファームでじゃがいもを植えた後、鍋など
3/7 岸田屋で飲み会
3/8 普通に仕事してたはず
3/9 秋葉原に行った後、神田でやさぐれていたらしい
3/10 ARiSE@清澄白河でコーヒー。さすが地元民は良く知ってる
3/11 普通に仕事してたはず。そして何気ない日常が訪れた事に感謝
3/12 とある用事で中野まで
3/13 またもや山城屋で飲む
3/14 バレンタインデーは、楽しく飲んでるところにズミシーから電話が入った
3/15 コーヒーミルを買う。コーヒーは挽きたてがうまい、という単純な結論に、今までなぜ気が付かなかったのだろうか?土鍋ごはんの時と一緒だ
3/16 シェアハウスのみんなで作戦会議した
3/17 菜の花のパスタを作ったら美味かった
3/18 普通に仕事してたはず
3/19 平日休みの人の飲み会に参加。神楽坂のオシャレ加減にびっくり!
3/20 朝、新聞紙にお別れを告げる。昼はL.S cafe@清澄白河。夜はINAKA PROJECTの集会に参加。旅好き、自然好きな人の集まりで楽しい
3/21 冬休み初日は大ちゃんと一緒に手作り味噌を作るワークショップを開催。半年後に美味しい味噌を手にしてみんなと再会できますように
3/22 仲良し4人で鎌倉までドライブ! そしてセイシュン!(笑) その後、ズミシーの新規購入物件を見学に
3/23 シェアハウスのリビングで、みんなでモクモクと作業。珍しい
3/24 娘と旅行1日目。とりあえず岡山県福山市まで移動。ホテルの目の前にスーパー銭湯があって、極楽
3/25 旅行2日目。広島県神石高原町に移動。ツリーハウス作りをちょっとだけお手伝い。
3/26 旅行3日目。早くもツリーハウス作りに飽きた娘は、もっぱら焚き火に興じてます
3/27 旅行4日目。ツリーハウス作り最終日。雑誌の取材がありました。ちゃんと掲載されるかな?夕方に宇野まで移動。泊まったゲストハウスのオーナーが素敵な人で感激
3/28 旅行5日目。前から行ってみたかった直島へ。が、1つも美術館を巡れず。また来てやるぞ!と思いつつ旅は終わりました。この旅行の事を、大きくなっても覚えてくれてたらいいな。帰ってきてそのままシェアハウスオーナー会議に参加
3/29 休みを1日繰り上げてテレビの仕事へ。いきなりリニューアル一発目の放送を任される
3/30 プロデューサー巻きをした写真をfbで披露したら124いいね付いた(謎)
3/31 新宿を歩いていたら「水着バー」というのを発見してしまう。しかし、怖くて入れず(笑)

なんだか飲み会ばかりしていた月でした。まぁ色々と出会いもあったので遊び呆けるのもたまには良し!

ツリーハウス作りのお手伝い

そして2015年3月の一番やばかった出来事は、3/28の「娘と直島へ行って1つも美術館を巡れなかった事」です。娘が知らない子供たちと海辺で遊ぶのをぼ〜っと眺めてる時間。自分も楽しいけど、娘はもっと楽しかったと思います。直島までの旅費がもったいないと感じつつも、ちょっとだけ親らしい事ができたと思いました。

ちなみに先月の野望は「娘とツリーハウス作り」で、これは無事達成できました。

2015年4月の野望は「会社の書類仕事を片付ける」です。