Automatticの高野直子さんに学んだ、新しい働き方の話

この間NUCONに参加して、そこで高野直子さんという素敵な女性に出会いました。
高野さんはWordPress(以下WP)を作っているAutomatticという会社で働くただ1人の日本人です。

高野さんの講演のテーマは「分散型企業で学んだ、リモートコラボレーションをスケールする方法」。

Automattic は、創業時から8年間ほぼ100%分散型企業として運営を続けています。230人の社員が170以上の都市から働いているというユニークな形態が注目されることも多いですが、離れた場所から仕事をやり遂げるためのノウハウはさまざまなチームに適用できるものだと思います。この会社で働くことで気づいた協業のコツを共有することで、みなさんにも役立てていただければ幸いです。

当日の講演内容を少々TSUDAりましたので、気になる人はTogetterのまとめを見て下さい。

NUCONでの高野直子さん

高野さんの講演はなかなか面白く勉強になったのですが、高野さんがチラっと言った一言がまた衝撃的で、それは次のような言葉でした。

 元々私はただのボランティアで、好きでWPの日本語への翻訳なんかを手伝っていました
 (その後、ボランティアが縁で高野さんはAutomatticで働く事になります)

この言葉の裏に、何か物凄い、これからの働き方のヒントがあると思うのです。

思うに、これからの時代、デジタルでコピーできるものを販売するのはドンドン難しくなっていきます。というか、今もうすでにパッケージソフトやCDなんかを販売するのはかなり難しい状態です。そんな中、それでもBitを販売して食べていく為には、相当な規模までスケールさせなければいけない。

でもスケールする過程においては、ほとんど利益がでない。だからコアメンバー以外はボランティアとして参加するか、投資家として参加するしかなくなってしまいます。ボランティアは当然、金銭的メリットなんかない。でも好きだから、やる。

高野さんの場合、その先にやりがいのある仕事が待っていた、という幸せなケースなのだと思います。

今の時代、何が当たるかなんて分からないから、自分が好きだと思えるものを死ぬ気でどんどんやってみる。その先に何があるのかは分からないけど、好きな事をやっている訳だから、お金が入ってこなくても幸せだし、万が一うまくいったら、それはとんでもなくハッピー。そういう状態に自分を置ける事が物凄く幸せで、例え1回でうまくいかなくても、何回かやっていれば、それなりの確率で当たるような気がします。

とにかく、うまく行ってもハッピー。うまく行かなくても、少なくとも自分は満足(だって好きな事をやっているから)。

この場合、とにかくお金なんて貰わなくてもやりたい「何か」を見つけられれば、それは半分勝ったも同然。逆に、それを見つけられない人は永遠にこのゲームに参加できないし、見つけるのはなかなか大変。アドバイスなんて、誰もできないしね。

もちろん日銭を稼ぐ必要はあるけど、今の時代、手取りで年収200万もあれば十分楽しく生きていけるし、それがササッとできない人は、その先に進むのは難しいんだと思います。

高野さんとは全部で10分ぐらいしかお話できなかったし、その時は他に色々お尋ねしたい事があったので、ほとんど僕の妄想で書いてます。なので、高野さん個人のストーリーとしては違うかもしれませんが、これは一般論なので、そこはご容赦を。

追記:高野さんから指摘があり、Automatticにはもう1人、イギリス在住の日本人の方がいるそうです。だから、唯一日本で働いている人、という事になりますね。

2014年1月のいばや

イバヤさんが毎月開催しているNight walkers, don’t be afraid.というイベントに参加しています。1ヵ月に起きた事を月末に振り返って一番やばいと思った事をつらつらと書くイベントです。

【1月にあったこと】
おととし、去年と僕は周囲の人から多大な影響を受けていて、今年はそろそろ自分が誰かにその恩返しをする番だなと思っています。たぶんその前触れとして、自分の周りの環境がバタバタと変わり始めています。そして段々と忙しくなってきました。

ワクワクしている反面、ゆっくり遊んでいられるのも今のうちだなぁというちょっと切ない気持ちも。

1月に起きた日々の出来事は以前のエントリにまとめてあります。

【1月のいばや】
1月のいばやは間違いなく北九州市の成人式に取材に行った事。そしてそこでの出会い。

北九州市の成人式はちょっとググってもらうと分かるのですが、とにかく派手。男はキンキラの袴で女は花魁姿が特徴です。ま、全員じゃなくて全体の1~2割ぐらいなんだけど。

日本のデトロイト、というとちょっと大げさですが、少し前までは閉塞感ただよっていた地域の中で、若者にとって唯一100%羽目を外せるイベントが成人式。みんな1年も前から衣装を作る準備をしています。

とにかく凄いエネルギーで衣装を作りたい新成人たちと、リクエスト以上の何かを作り出そうとする衣装屋さんの気持ちのぶつかりあいが本当に熱くて感動しました。

そしてドタバタの取材の中で出会った1組の同級生カップル。

中学の時に出会って16歳の時に出産。彼氏が16歳なので結婚できなくて、その後別れてしまったのだけど成人式でバッタリ再会、というドラマチックな2人。いや、3人。

今でもお互い好き合っているけれど、それをうまく現実に落とし込めないジレンマを抱えていて、傍から見ていてもこれからどうなっちゃうんだろうと思うけど、本人たちもそれを分かった上で爽やかに生きていました。

世間の常識からはかけ離れているけれど、愛というものに色んな形がある事を教えてくれました。ただ、放送には全然乗せられなかったんですけどね、深すぎて。

北九州市の成人式

【来月の目標】
今年1年の行動スケジュールを作る。
あと、都内で24時ぐらいからでも飲みに付き合ってくれる人を募集しております。

2014年1月の出来事まとめ

イバヤさんが毎月開催しているNight walkers, don’t be afraid.というイベントに参加しています。1ヵ月に起きた事を月末に振り返って一番やばいと思った事をつらつらと書くイベントです。その準備として、まずはこの1ヵ月に僕の身の回りに起こった事を列挙していきます。

2014.1.17小田さん歓迎パーティー

【2014年1月の出来事】
1日 嫁と娘を連れて自分の実家に帰る。そんな様子をFBに投稿したら100いいねとかついてビビる。なんか内田家はミステリアスらしいです。
2日 鉄道模型で遊びに遠路はるばるお客様が2名。その後、かぐや姫の物語を初めて観る。
3日 足立さんが二郎風ラーメンを鶏がらスープから作ってくれる。嬉しい。
4日 まったりと仕事始め。その後飲み会が3つ。どれも楽しかったけど、もうちょっとゆっくり話せたらな~。あとcolish用の取材とか。
5日 朝帰りして嫁の家でベーコン餅を食べてから仕事へ。
6日 徹夜→すしざんまい→仲良しの樋山さんと本の交換会のイベントを開催。小ぢんまりとした感じで楽しかった。2次会したら、危うく終電を逃しそうに。
7日 何年かぶりで安居院さんと会って、かぐや姫の物語を観た。たまには映画デートも良いですね。
8日 子供の検査で愛育病院へ。赤ちゃんの泣き声を聞くのは久しぶり。昔は毎日だったのにねぇ。
9日 ランチ→映画(かぐや姫)→取材を受ける→ラーメン二郎と休みを満喫。
10日 葦さんと久しぶりに再会。ナインステージを中川さんが見学。面白い人でこっちも刺激になりました。その後、別件で朝までサシ飲み。
11日 這うようにして起きて朝食会へ。自分に自信がついてきた事に気づく。その後の皇居ランに仕事でいけなかったのが残念。夕方から北九州入りして、うまい焼肉屋で食べて飲む。ふぐと門司港駅はまたの機会で。
12日 午前4時から北九州の成人式を取材。大変だったけど、気心知れたカメラマンさんと一緒なので楽しかった。
13日 親子3人でラクーア行ってご飯食べて観覧車に乗った。
14日 おつきあいで芝浦のシェアオフィスの見学へ。面白い物件だった。成人式取材の反動?で「君に届け」の8,9巻を読む。すっかりハマってます。
15日 普通に仕事で徹夜してたはず。
16日 娘の保護者会に出席。PTAの役員とか本当はやってみたいけど、仕事柄無理。
17日 新しくシェアハウスのメンバーになった小田さんの歓迎パーティー。良いメンバーに恵まれて本当に幸せ。
18日 こぐすんとMakersFestival Vol.1を開催。お前らどんだけこの世界が好きなんだよ~というメンバーに会えて嬉しい。モノづくりシェアハウス(仮)のプレゼンもしましたよっ♪
19日 麻布十番のHomeWorksで新しくパンケーキを出すようになったのかと思ったら、結構前から出していた件。結局みんなで食べに行きますよ。
20日 MakersFestivalのTsudaりをまとめた。500PVとか行って注目されているんだなと思った。
21日 こぐすんの誕生日なので、こっそりケーキでも作ろうと思ったら、こっそりできなかったので結局何もしなかった。ごめん。
22日 新しい放送機器の研修。人が多すぎてよく見えなかった。
23日 徹夜の後、キッシーとお好み焼きを食べに門前仲町へ行くも、昼からやってるお好み焼き屋が見つからず。そのうちリベンジしたい。夜はズミシーに寿司をおごってもらいました。大満足。
24日 引っ越し、というか部屋の移動で荷物をひたすら運ぶ。断捨離は今回も間に合わず。
25日 朝、引っ越しを手伝う。夜、楽しく飲んで歌う。
26日 普通に真面目に仕事をしていたはずです。
27日 徹夜の後、酔っ手羽で激しく飲んで深い愛の話に。これ、録音しておけば良かったと本気で後悔してます。夜はちょっと変わったお仕事の人と飲みました。
28日 娘が読んでるハリーポッターと不死鳥の騎士団の本の厚さにビビる。読書量は僕より多いかも。
29日 徹夜の後、鹿子島さんとランチデート。1時間とかあっという間ですね。その後、旧友と再会。昔より少しさっぱりしている気が。その後、温泉に入って疲れを癒す。
30日 気持ち良いマッサージを受ける。その後、ドッと疲れが出て爆睡。
31日 ギー秋の飲み会に初参加。ちょっと不思議な雰囲気。その後、急遽オルちゃんの誕生日&マンゴーの歓迎会になって死ぬほど楽しかった。生牡蠣のプレゼントも最高。

今月も良く飲んだな~。たぶん16回か17回。ちょっと体に気をつけようっと。

イベントと出産の共通点

僕はタブーとか遠慮とかがあまり無い人なので、仲の良い人には本当に何でも訊いちゃうのだけど、今まで色々訊いた中でも一向に謎がとけなかったのが、女性の出産。

なんであんな痛そうな行事を女性は何回も出来るのか?

こればっかりは男は体験できないから色んな人に話を訊くんだけど、「痛いからもう産みたくない」といった女性は今まで1人しかいなくて、長い間、僕の中で解決できない謎としてずっと心の中に残っていたのでした。

僕も子供は好きだから事情が許せば子供は何人いてもいいと思うのだけど、それでも嫁の出産に立ち会った経験からすると、あんな痛い思いをしないと産めないんだったら、ちょっと考えちゃいます。だって麻酔無しで手術してるみたいなもんじゃないですか。

そんな経験をした上でやっぱり子供を産みたくなるってよっぽどだなと思っていたのですが、ふと、この感覚はイベントを主催する時の感覚に似ているんじゃないかなと思いました。

イベントも準備している時はやる事いっぱいあって大変で、人集めしている時もドキドキで、ようやくスタートすると一般の参加者から容赦無い言葉が投げつけられたりして、めげる事も数知れず。でも、終わってみるとまたやりたくなっちゃうんですよね。やって良かったなというか、この瞬間の為に生まれてきたんじゃないかと思った事も何度もあって。陳腐な言葉だけど、今までの苦労なんて全部吹き飛んでしまうのです。

出産も、準備する事が山のようにあって、生まれて来るまでは不安が一杯で、1年かけて自分のお腹の中で赤ちゃんを育ててようやく出産に至る訳です。

そんな感情のピークがあった後の軽い喪失感と満足感。

女性が子供を欲しくなる理由が何となく理解できたような気がするんですが、どうでしょう?