娘と九州旅行その4〜娘のルーツを辿る〜

その1その2その3、と来て、今回がその4です。8/12(月)の分です。

車を運転する娘
この日は、レンタカーゆみこに乗って出発です。向かう先は、佐賀県多久市です。そこには、娘の母方の祖母(つまり嫁さんの母親)が育った家があるのです。

祖母の育った家
こちらがその家。戦前に建てられた日本家屋で、今はデイケア施設になっています。

玄関先
玄関先。風情があります。昔はここは歯医者だったそうです。

庭側
庭側。木々と井戸跡があります。左側に見える白い壁の辺りが厠です。

玄関を入ったところ
内部は多少手が入っています。障子の向こう側がリビングのような場所になっていました。柱とかぶっとくて、立派な家です。使用人さんの部屋なんかもありました。

内部
2階の廊下。

長持
でっかい長持です。何個かありました。奥や手前にあるのが、御膳です。昔のものが、そのまま残っていて、ドラマの撮影に使えそうな勢いでした。

白壁
写真に写っている白壁は隣の家のものなのですが、昔は祖母の家まで続いていたそうです。

町の人にとっても「あの家」と分かる思い入れのある家だそうで、そのせいもあって、割とそのまま残されている印象です。このまま使っていれば、あと10年か20年は持ちそうです。流石に保存する価値があるとは思えないので、娘が成人したら壊される前にもう一度見ておいて欲しいです。

娘は平成生まれなので、明治とか大正だけでなく、昭和でさえも歴史上の出来事です。自分の親が生まれるちょっと前まで日本が貧乏な国だったなんて、勉強しなければ考えもしないんでしょうね。まして昔の人が、エアコンや冷蔵庫、携帯電話もない生活をしていたなんて、想像できるんでしょうか? でも昔の人はそれを不便と思っていなかったはずです。そういう所に思いを馳せて欲しいけど、まだそういう年齢じゃないですね。

そしてルーツを巡る度はさらに時代を遡ります。

専称寺の本堂
娘の祖母の育った家の近くにある専称寺は、創建は平安時代、この地に移ったのが鎌倉時代という古寺です。個人の人生をこえ、果てしない年月を経て、今もこの地に在り続けています。移ろいの激しい世の中にあって、変わらないものがここにありました。

墓参り
偶然お盆だったので、都合よく墓参り。お墓を洗ってお線香炊きました。皇族の方につながるという親族のお墓も見て、なんとなく神妙な心持ちになったり、お寺のおばあさんに一家の由来や親戚の近況を聞いたりする事ができました。

この時思ったのが、お寺っていうのは、お墓とそれにまつわる記憶をシェアする仕組みなんだなという事。まずは、お墓を日常から切り離すために、家とは別の所に集めて置く。すると、管理人を雇えるので、住職という形で置いておく。そうなると、墓参りを通じて住職に情報が集まってくる。これ便利、みたいな。

糸島の漁港
多久が予想外に順調に巡れてしまったので、予定になかったけど糸島に行く事にしました。が、準備していないので、どこに行けば良いのか分からない。噂だとオシャレなお店がいっぱいあるらしいんだけど、全く見当たりません。

漁港の町を散歩
まぁ成り行きまかせの旅とは、そんなものです。漁港の町を路地裏散歩。「橋のある家に住みたい!」などと案外娘が喜びます。

二丈パーキングエリア
シャレオツな店は諦めて、通りすがりにあった二丈パーキングエリアに車を停め海で遊びます。

糸島で波と戯れる娘
娘は海が好きです。一日中、波と遊んでいます。景色も良いし、娘と遊べてなんか幸せです。

佐賀県呼子町
その後、「呼子のイカがうまい!」との嫁の声で、佐賀県呼子町に移動。

イカの活造り
イカの活造りを食べました。甘くてうまい。普段食ってるイカとは別の食べ物ですね。醤油とかつけなくても、そのままでほんのり塩味です。これは現地で食べるしかないので、来て良かったです。

 
娘と九州旅行その3〜嫁と合流〜
娘と九州旅行その2〜武雄の夜〜
娘と九州旅行その1〜福岡の夜〜

娘と九州旅行その3〜嫁と合流〜

その1その2と来て、その3なのです。更新が追いつかなくなりつつあるので、ポイントだけ書くように変更しようかと。

パピーと散歩する娘
この日は、朝から永田さんが打ち合わせで武雄市図書館に。娘はパピーを連れ散歩に。

 

ハムエッグ
そのついでに、コンビニで朝食の材料をGET。ハムエッグを作るも、見た目が大失敗。

 

洗濯
さらに洗濯と、家主のいないホテル永田では、宿泊者が自由を満喫しているのでした。

 

パピーにかまれる娘
パピーにオヤツをあげようとして、手ごとかまれる娘。これも良い勉強です。犬の気持ちを考えよう。

 

フレンチトースト
グタグタしているうちにあっという間に昼。これまた勝手に料理を開始し、フレンチトーストを作成。映画「クレーマー、クレーマー」を思い出します。細かいストーリーは全然覚えてないんだけど、お父さんがフレンチトースト作るの下手くそなんですよね。

 

武雄市役所
その後は、永田さんが図書館から戻ってくるのと入れ替わりで、こちらが図書館へ。娘は他に行きたいところがないらしいです。それだけじゃつまらないので、道すがら市役所が見えたので寄ってみました。

 

視察受け入れ
すると、入り口の所に視察受け入れのすごい跡が残っていました。取材とかもあんまり受けていると疲れてきますが、こんだけ視察を受け入れるのも大変なんじゃないかな。視察を受け入れる方のメリットって何かあるんでしょうか? 視察をきっかけに交流が増えたりするんでしょうが、時間もったいないから、やめてもいいような気がします。もうこれ以上有名になる必要ありませんって。

 

再び武雄図書館
再び武雄市図書館へ。朝ちょっとだけ来たので、これで3回目です。うちの娘は本だけ読ませていれば文句をいわないので楽なんですが、せっかく東京を離れたんだから、もっとほかに何かしようよ。

 

鷺乃湯
その後、遅れて東京からやってきた嫁と合流し、またまた武雄温泉へ。父は温泉にさえ入れれば、文句はいいません。今回は露天+サウナがある鷺乃湯へ。露天はやっぱり気分が良いです。

 

小料理ゆみこ:サラダ小料理ゆみこ:イノシシ
小料理ゆみこ:アヒージョ小料理ゆみこ:五島沖のクロの煮付け
小料理ゆみこ:パエリア
夜は「小料理ゆみこ」がオープン。細かい説明は省くけど、とにかくうまいし見た目も綺麗。こういう料理を気負いなくサクッと作っちゃうあたりが、ただ者でない感じ。

 

そんでもって夜はまたまたロングトークへ。子育て論、地方と東京、武雄あるべき論など、夜の1時半まで。この辺から「自分が住むべき場所は、本当は東京じゃないんじゃないか」という疑問がムクムクと。やばい! その4へ続きます。

 

娘と九州旅行その2〜武雄の夜〜
娘と九州旅行その1〜福岡の夜〜

娘と九州旅行その2〜武雄の夜〜

昨日に続いて、今日もまだブログ書く元気が残っているので、忘れないうちに書いちゃいます(←結局、当日中には書き上がりませんでした)。

特急みどり
本日は福岡から佐賀県武雄市に移動。これは特急みどり、という電車。丸山さんによると「クロハ782形100番台。普通車とグリーン車の合造車」との事です。連結時の動画とかとりましたが、それはまた後日。

 

移動中の田園風景
移動中は田園風景が続きます。きれいなんだけど、うちの実家周辺と見分けがつかない(苦笑)。

 

カメラを持つ娘
最近、写真を撮る事にハマっている娘。カメラを渡して放置していたら、いつの間にか連写モードを発見し、数百枚も撮りまくっていました(x_x)。連写はやめろ、連写は! あとで整理するのが大変になるじゃないか。

 

武雄温泉駅看板
という訳で、武雄温泉駅に到着。途中で爆睡したので一瞬で到着しました。昔から、瞬間移動は得意なんですよ。はい。

 

スタンプを押す娘
駅でスタンプを押す娘。スタンプが押せない地下鉄とかは、娘の中では評価がかなり低いです。

 

永田さんの家に通じる道
今回の旅は、準備をすべてfacebookのメッセージで行ったので、行き先の住所とかも全部facebookの中。メモを無くさない代わりに、スマホの電池が切れたらアウトです。それはさておき、宿泊先の永田さんの家に行く道を探すのにGoogleMapsを使ったら、こんな細い道を案内されてビックリ。そろそろ進化したIT技術に人間が勝てないようになってきました。今後、人間の誇りと尊厳はどこへ行くのでしょうか?

永田さんの家に到着し一服した後、武雄観光へ出発。なぜか永田さんの親戚と、そのお友達?も合流しましたが、あんまり細かい事は気にしません。あ、永田さんというのは、半年前まで同じ番組のディレクターをしていた同僚です。うちと同い年の子供が1人いるパワフル・ママです。

 

大楠

まずは勝負運がつくという武雄神社に寄ってから、その裏にある大楠を拝みます。樹齢3000年とか。ぜいたくしなければ根元で十分生活できるなとか、変なことを考えます。ここは行って良かったです。

 

いのししカレー

ホテルに移動してイノシシ料理を堪能。これはイノシシカレー。味は普通、、、と書くと怒られちゃうけど、頑張ってイノシシ食べるぞ〜とか、気張るような味じゃないんですね。普通のおいしいカレーです。

 

いのししバーガー

こっちはイノシシバーガー。これも普通においしい。武雄のイノシシは活け〆しているので、臭くありません。というか普通においしい(繰り返しになるけど)。世の中なんかジビエブームらしいですが、鯵の干物を毎日食べるように、みんなが普通にイノシシ食べればいいんじゃないかな。

 

武雄図書館

やってきました武雄市図書館。TSUTAYAが運営している事で有名ですよね。ここだけはどうしても来てみたかった場所です。入ってみると、天井が高く開放的なリラックス空間で、図書館なのにボブ・マーリーとか流れてます。子供が影響受けてマリファナ始めたらどうするんだとか、そんな余計な事を考えてはいけません。駐車場にある車の4分の1ぐらいは県外ナンバーだそうです。お前の地元にも図書館ぐらいあるだろう、とかツッコミを入れたくなります。

実際に自分が行ってみて感じたのが、置いてある本は普通の図書館と全く一緒だという事。武雄市図書館だから、TSUTAYAがやっている図書館だから、何か特別な本が置いてある、というわけではないのです。よくある本が、普通に置いてあるだけです。展示方法だって、普通にジャンル分けして置いてあるだけ。ほとんどの本は、オシャレなPOPがついてたりとかせず、ただ棚に並んでいるだけなのです。コンテンツ面での差別化要因はゼロなわけです。

じゃ、なんでこの図書館がこんなに注目されているのかというと、やっぱり「居心地がいい」からだと思うんですよね。

図書館に集う理由は人それぞれ。「調べ物にくる」「勉強しに来る」「ただで本を読みたい(借りたい)」「涼みたい」。こういった要求を普通の図書館は普通に満たしてくれますが、決して「快適」じゃないんですよね。なんかハードル高かったり、ワクワクしなかったり、カビ臭かったりするわけです。

でも武雄図書館は違います。「ここに来ると楽しい!」というオーラがバンバン出ています。だいたい、音楽流れている図書館なんて、僕はここしか知りません。コーヒー飲みながら本が読める図書館も、ここしか知りません。この日は樋渡啓祐市長も休日なのにブラブラ来てました。自分でもこの図書館が好きなんでしょうね。

あと、山と田んぼに囲まれた田舎町(僕の実家と似ている)の中で、ここだけ東京クオリティーなんですね。東京の表参道に、こういう図書館があっても全然違和感がない。だから、すごく目立つ。それも大きいのかな、と。

そして「どこにでもある公共施設の代表格」である図書館を再生させちゃった樋渡市長は中々目のつけどころが良いな、と。どこにでもある施設だからこそ、他との違いがより目立つんですよね。

まだまだ3時間ぐらいは語れますが、長くなってきたので、次に行きます。

 

パピーと娘

永田家の次女ことパピー。娘が夢中になって遊んでいます。うちの娘も一人っ子で、なんとなくワガママぶりが鼻についてきてるので、他者との協調性を学ばせるためにペットを飼うのはありなんじゃないかと思いました。マンションなので、犬は無理だけど。親が協調性ないのは、ひとまず置いておく事にして、、、。

 

娘が描いたパピーの絵

娘がパピーの絵を描きました。我が娘にしては上出来。

 

武雄温泉

永田さんが女子会に出かけるので、娘と一緒に武雄温泉へ。有名な楼門は工事中で全く見られませんでしたが、そこは温泉の本質じゃないので問題なし。いくつか風呂があり、まずはスタンダードな元湯へ。熱いのと、そんなに熱くないのと2種類の湯温が選べるので、子連れにはありがたいです。入ると、木造の建物で、なんだか落ち着きます。疲れの取れ具合は、まぁ普通かな(^^;

 

串焼き・大蔵

夜の温泉街は意外と食事に困ります。武雄も例外ではなく、娘を連れて串焼き屋へ。

 

軟骨など

うちら親子が入ると同時に他の客が出てしまったので、貸切状態に。千葉から引っ越して来て40年。いまじゃすっかり佐賀弁の大将と無駄に仲良くなってプライベートな四方山話をさんざん聞き出したら、会計を10円まけてくれました。惚れた女のいる場所に沈没するのも、人生ですな。

ちなみに娘と2人きりで飲み屋に行くのはこれが初めて。20歳になっても一緒に飲んでくれるんだろうか、とか余計な心配もしてみました。

 

そんでもって、娘を寝かしつけた後に永田さんが素敵女子1人を連れて帰宅。永田さんの友達だけあって、やっぱりパワフル。これまた無駄に盛り上がって、3時半まで話し込み、体力の限界にて終了。その3へ続く。

 

娘と九州旅行その1〜福岡の夜〜

娘と九州旅行その1〜福岡の夜〜

夏休みの前半は娘を連れて九州旅行です。忘れないうちにメモメモ。

娘のリュックと俺のバックパック

一応、旅行前日から準備を始めましたが、相変わらずドタバタで歯ブラシとか忘れ物とかありまくりです。まぁ、国内旅行なんで何とでもなります。この赤いバックパックは思い入れがあって、今まで沢山の国を共に旅した仲間です。ネパール、インド、タイ、ペルー、イギリス、タンザニア……。バックパックは人生の基本。人間これ1つあれば、本当は生きていけるのです。

 

スターフライヤーと娘

ちなみに、娘は飛行機に乗るのが初めて。ちょっぴり不安がっていました。誤算だったのが飛行機代で、福岡までスカイマークで1万円と計算してたら、夏休み価格は3万円弱という事が判明。娘と2人で飛行機代だけで往復9万円ちょいの出費に(;_;) かなり痛い!

 

スターフライヤーの説明ビデオ

チケットは高かったけど、最高に面白かったのがスターフライヤーの安全説明ビデオ。非常時の脱出法とかを忍者が教えてくれて、いちいち笑えます。どっかにUPされてないかな、面白いんだけど。座席についてるモニターで好きなビデオ選べたりとか、USBコネクタがついてたりとか、格安航空といえども進歩してますね。最近、飛行機使った出張がとんとなくって、疎くなってますな。もっと地方ロケ行かせて下さい。

 

The Guestという名のゲストハウス
九州旅行最初の宿は、AirBnBで見つけた The Guestという名のゲストハウス。場所は天神です。このビルの3階以上がゲストハウスになっているらしいです。ちなみに宿泊費は1人1泊2000円と激安。

 

The Guestの張り紙

着いてみると「今日は3階になります」との謎のキャプションが。

 

The Guestの3階

で、3階に行ってみると、何かフツーのアパートみたいな部屋が並んでいるだけで、それらしきものがありません。全部の部屋をピンポンしてみましたが、誰もいない。思わず途方にくれてしまう訳です。娘も不安そうです。

でも、こんな事でメゲていたら貧乏旅行なんて出来ません。日頃の事件取材で培った能力を発揮して、5分で運営者の携帯番号をGET(笑) 速攻で呼び出して鍵を開けてもらいました。取材の腕が鈍ってなくて良かった(笑) 普通の人じゃ、こうはいかないよね(^^;

 

The Guestの部屋

部屋の中はこんな感じ。12畳ぐらいの部屋を区切って4人で寝られるベッドを設置。ミニキッチンとユニットバスがついています。今回はうちの親子だけだったので、実質的に個室と一緒。流石に日本のゲストハウスだけあって、エアコンもついているしお湯も出ます。

 

The Guestの二段ベッド

ちなみに娘はというと「わ〜、二段ベッドだ!」と喜んではしゃぎまくっています。ポジティブシンキングな人間に育ってパパ嬉しいです(というより、まだ世間をよく知らない)。

 

元祖長浜屋ラーメン

夕方に着いて、だいぶ腹が減っていたのでゲストハウスの人に「福岡の美味いものってなんでしょう?」と聞いたら「やっぱラーメンか、もつ鍋ですかねー」という話になって、「どっちも暑いじゃん!」って思ったのと、もうちょっと健康そうなものを娘に食べさせたかったのだけれど、娘が「ラーメン!!」と反応してしまったので、10分ぐらい歩いた所にある元祖長浜屋ラーメンを食べました。

徹夜明けでほとんど寝てない疲れた状態で行ったせいか、タレを足して食べても味が全くしません。うまいんだか、まずいんだか分からない。娘は満足そうなので、こりゃやばいな〜と思っていたところに、facebookで僕が九州入りするのをみていた田邉くんから電話。博多まで移動して合流する事に。
田辺氏と

田邉くんは元々同じ番組で働いていた仲間で、今も都内に住んでいるんだけど、なぜか福岡で想定外に再会してしまうという、この不思議さ。それでもって、田邉くんの知り合いのたばるちゃんとは全くの初対面。完全に予想してなかった出会いなんだけど、おかげで旅先で飯食って寝ちゃうだけの夜よりは、断然楽しくなりました! 生きたイカも美味かったし、馬刺しも良かったなぁ。

 

福岡の屋台
ちなみに、福岡に泊まるのって凄く久しぶりで、ダイエーが初優勝した日(1999年)を取材して以来だと思うんだけど、ちょっと記憶が曖昧。あの日は、富士山の近くでテニスを楽しんでいた某アナウンサーを九州まで呼んだなぁとか、そういう事は覚えてるんだけどな。

福岡は割と好きな街で、どことなく街全体が明るい感じがします。街中が「くよくよするなよ〜!」といっている感じ。屋台の雰囲気も影響大きいんでしょうね。最高気温35.5度。最低気温29.5度の蒸し暑い一日でした。

その2へ続く。