第一期建国作業を総括する

2017.4.16
2015年に開始した秩父王国の畑の後片付けをしてきた。

長ネギが自生
そこには、何もしていないにもかかわらず長ネギが自生していて、生命の力強さを感じた。また、後片付けをしている最中に、近所の人たちが「久し振りだね」「今年はどうするの?」など次々と声をかけてくれて、周囲の人とゆるく付き合いがあった事を実感した。

残念ではあるけれど、これにて第一期の建国作業は終了したと、宣言する。

2年間、いろいろな人を巻き込んで建国作業を進めてきたので、やはりここは総括せねばなるまい。と同時に、初心にかえる意味もある。

自分に独立国家を作りたい、という気持ちが芽生えたのは、確か2004年ごろ。取材で知り合ったベッコアメ・インターネット創業者の尾崎憲一さんらが開催している王国の会と呼ばれる集まりに参加したところに端を発する。

その名の通り、この会では無人島を買って王国を建設し国連に加盟しよう、ということを当初は真剣に議論していたという。会が始まった1996年はインターネットビジネスの勃興期で、超お金持ちが実際に無人島カタログを会合に持って来た事もあったらしい。

そこに至る大まかな流れは、建国への道というシリーズで途中までブログに書いてあるので、そちらを読んでもらいたい。

なぜ今回、第一期の終了を宣言するかといえば、直接の原因は自分の環境の変化、要するに結婚した事にある。諸般の事情から特に先の事は考えず、結婚する事自体を優先した。つまり今後の事は結婚してから、ゆっくり考える事にした。その為、これからの自分の人生設計が一旦白紙となったのだ。

具体的には、妻・繭子さんは鎌倉でシェアハウスをボランティアで運営していて、自分は都内で3つ、秩父で1つ運営していて、その他にTVディレクターやWebマスター(死語)をして生計を立てている。

住む場所は決まっておらず、その日の2人の都合に合わせてお互いのシェアハウスを転々としながら生活しているのだが、鎌倉から秩父まで移動するのは3時間ほどかかり、さすがにシンドイ。つまり秩父に通う機会が減る。この状態で畑を維持し、経済的に独立した自給自足中心の国家建設を目指すのは難しい。

もう1つ大きいのは、馬場さんが始めたギークハウス千葉大網白里(ギー網)が順調に発展している事だ。 ギー網では、着々と環境整備が進み、日々面白そうな事が起きている。いったい何故なのか? と考察してみると、様々な要素はあるものの、一番の違いは、ギー網には馬場さんが常駐している、というのが一番大きいように思う。

ちょっと考えれば分かる事なのだが、主不在の場所が盛り上がる訳がない。しかし、今の自分には秩父に常駐する事は難しいのである。

この事から得られる教訓は大きい。

1:主は、その場所に常駐していた方が良い
2:その為には、建国作業中も、そこで収入を得る手段が必要である
3:建国作業に時間をお金を投資できるだけの余裕がなければならない

当初の予定では、ゆっくりと耕作地や人脈を増やしていき、まずは自給自足を達成してから独立を目指す、という計画だった。しかし、割と初期の段階でそれが躓いてしまったのである。

橋頭堡としての居場所、秩父城は残してあるので、機会があれば秩父で建国作業を再開する事は可能である。何より秩父には豊かな自然と歴史があり、地域として面白い。知り合いも沢山できた。しかし、再開する前に、きちんと計画を練り直さなくてはいけない。

そして自分にとって最優先なのは、妻であり家族である繭子さんを幸せにする事であり、自分の人生を楽しいものにする事だ。国の最小単位である個人、その1つ上の単位である家族。まず足下がしっかりしなければ、大きな目標は成し遂げられないのではないかと思う。

長ネギが自生していた
今後の展開は、1〜2年かけてゆっくり出そうと思う。自分の人生はあと30年ぐらいは残っているはずなので、1〜2年の休止は、誤差の範囲だと思う。大きくジャンプをするためには、まず、かがまなければならない。

ブログを常時SSL化してみた

2017年の1月17日ぐらいに、このブログは普通のレンタルサーバから、さくらのVPS(v4) SSD 1G TK02 という仮想2Core、メモリ1GB、SSD30GBのプランに移行して KUSANAGIによる運用をしてきました。

押し寄せるSSL化の波には逆らえず、GoogleAnalyticsのキーワード解析で 96%が(not provided)となって、どんなキーワードでこのサイトを訪れているのかが分からなくなったので常時SSL化に踏み切ってみました。といっても KUSANAGIのお陰でコマンドをいくつか打つだけなのですが。

現在のところ、テンプレートのファイルが普通のhttpの画像を参照しているようで、ブラウザでアクセスすると混在されたコンテンツがあると表示されてしまいます。

ゆっくり直していきます。

中村繭子さんと、人生をシェアする事になりました

割と急に決まったのですが、友達のシェアハウスで出会ったシェアハウスを運営する女性と、人生をシェアする事になりました。いわゆる結婚という奴です。昨日、届けを提出しました。

相手はカレーやスパイスやインドに詳しい面白い人です(褒め言葉)。ウルドゥー語がしゃべれます。鎌倉で、たけのこ庵というシェアハウスを運営している人なので、帰る家がまた一つ増えてしまいました(笑)

つきあって1ヶ月で結婚を決めてしまったので、これからの事は何も決めていませんが、まずはよろしくお願いします。

シティファーム南砂:解散のお知らせ

突然ですが、僕が運営しているシェアハウス「シティファーム南砂」をスパっとやめてしまう事にしました。明日、解約通知を出し、6月20日に契約終了の予定です。6月18日か19日に解散パーティーをするつもりです。

鉄道模型シェアハウスだった頃から数えて3年ちょい。初めて自分で運営するシェアハウスだった事もあり、思い入れもかなり深いです。正確な数は分からないですが、年間100人程度の人がこの家に遊びに来ていて、住んでいるメンバー以外にも沢山の人の思い出に残る家になったと思っています。

シティファーム南砂に遊びに来た人々

理由としては秩父に割けるリソースをできるだけ増やしたい、というのが大きいです。テレビの仕事をやめ、収入を減らしてまで秩父に注力しているので、ここは勝負時かな〜と。あとメンバーが入れ替わるタイミングが早目に分かっていたのも背中を押しました。

今日も夜はずっと南砂のリビングで過ごして、みんなでご飯食べたり笑点50周年スペシャルを観たり雑談したりして楽しい1日だったので、自分でこの状態に終止符をうつのが信じられない気持ちです。

「シェアハウスの仲間と一生一緒にいられる訳じゃない。だから1日1日が大切なんだ」 by ガッチさん

客観的に言って自分の行動は正しいと思うのですが、心の整理はまだこれから、といった状態です。

   ※   ※   ※

そしてここで1つ【ゆる募】があります。いまの南砂の物件を、そのまま引き継いで借りたい人はいませんか? マンション最上階のオーナー仕様で5LDK。サウナ、ルーフバルコニー付き、日当たり最高の良物件です。家具とか電化製品とかも格安でお譲りします。

僕自身にさほどメリットはないのですが、シェアハウスOKの物件は少なく借りるのも大変なので、シェアハウスを自分で始めてみたい、という人がいたらご連絡下さい。日本に1軒でもシェアハウスが増えるといいなぁと思っています。

ちなみに秩父城は本日満室が確定、シティファームDIY雑色の方も今週テレビの取材が入るなど順調です。引き続き応援よろしくお願いします。

秩父城オープンしました

僕が企画・運営する3軒目のシェアハウス「秩父城」が2016年4月15日にオープンしました。埼玉県秩父市で初めてのシェアハウスです。
秩父城外観

こちらはオープニングパーティーの様子です。
13036411_1158426477523346_390208447_o

都会はシティファーム(南砂雑色)、田舎は秩父城が出来た事により「田舎と都会をつなぐシェアハウス」というコンセプトがついに実現できました!!

ここまで来るとは思っていなかったので、ちょっと感慨深いです。