毎月11日に何かをする会:第1回「ハタチ基金」に寄付

ハタチ基金top

【名称】

ハタチ基金(http://www.hatachikikin.com/)

 

【基本理念】

東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが20歳になるまで継続的に教育等の支援をして行こう、というプロジェクトです。
子供の成長にあわせてプログラムを用意。現在4つの団体が6つの活動を実施しています。

ハタチには「20歳」「20年」という意味と、「葉たち」という意味があるそうです。木の幹(子どもたち)が育つためには、葉(=太陽の光を養分に変える)の存在が必要不可欠という考えだそうです。

 

【具体的な活動内容】

0歳〜 放射能で外遊びができない福島の子供たちのための屋内公園運営(2ヵ所合計で年15000人以上が利用)
5歳〜 発達障がいを持つ子供たちのケア(年間1331人ほか)
6歳〜 学校外教育バウチャー(利用券)の配布(年176人が利用。高校進学率100%,大学進学率84%)
6歳〜 勉強する場所などを提供するコラボ・スクールを運営(400人が利用)
15歳〜 被災地の課題を解決するリーダーを養成(子供たちがパリや東京でアピールをするサポートなど)

 

【寄付の方法】

都度寄付、継続寄付(1,000円〜50,000円/月)とも可
銀行振込&クレジットカード

 

【寄付収入】

142,239,000円(約1億4200万円) 2012年度
毎月継続的に寄付をする個人会員約900人。

 

【参加団体】

認定特定非営利活動法人 NPOカタリバ
一般社団法人 チャンス・フォー・チルドレン(CFC)
特定非営利活動法人 トイボックス
認定特定非営利活動法人 フローレンス
公益財団法人 日本財団
※主にハタチ基金2012年度活動報告書(全22ページ)を参考に作成

 

【選んだ理由】

1000円という少額で寄付できる場所が案外なかった。
活動が継続されている事がWebを見て分かった。
20年間継続支援するという方向性が、「毎月11日に何かをする会」の趣旨にマッチしていると思った。

 

【今回の感想】

被災地の支援という事で僕はまず最初に、どこにどんな団体があるのか調べるところから始めました。Googleで「被災地 支援」とかで検索してみると、広告も含め色々と出てきます。「こんなキーワードで広告を出すところがあるんだ!」というのが驚きでしたが、今回はそこはパスしていくつかの団体のWebページを見ていきました。

意外な事に1000円という少額の単発の寄付って案外受け付けていないようです。「そんな少額の寄付じゃなくてもっと本気で応援してくれよっ!」って事なのでしょうか? なんとなく不思議でした。

そんな訳でクレジットカードを使って1000円寄付できる、という基準で選んだのが今回のハタチ基金さんです。安直で申し訳ない気もしますが、ふわっとした好意を受け止めてくれる存在って必要な気がします。

この基金は活動報告書が分かりやすくまとまっていて、何をしているのかが一目瞭然です。複数の団体が子供の成長ステージにあわせて得意な支援をしていくという考え方も素敵だなと思いました。そして何より、最初から20年という長期的視野に立って活動を考えている理念が素晴らしいと思いました。

人が労働する期間は40〜50年ぐらい。その半分の期間、この基金に関連する団体の人達は被災地の子供たちと向かい合っていく覚悟があるという事ですよね。それだけの確固たる意思と計画性があれば、何かを産む気がします。

こういう長期的視野に立った支援って、数年単位で人材が移動していく公的機関だと実現しにくいんじゃないかと思いました。

※毎月11日に何かをする会についてはこちらをご覧ください。

毎月11日に何かをする会:忘れないために

毎月11日に何かをする会

東日本大震災の発生時、僕は、毎日被災地から届く映像を編集しニュース番組を作っていました。それだけでした。

1年後、自分でも何かを始めないといけないと思い、休みを取って各地を撮影して回りました。それだけでした。

今年、田中マー君が頑張って楽天が優勝しました。その試合を見て、いろいろ忘れようとしていたけど、忘れちゃいけないと思いました。

忘れてしまうと、それは無かった事になってしまいます。だから、忘れないために、毎月11日にバーチャルなイベントをする事にしました。

僕は毎月1000円を違う団体に寄付をし、その団体の取り組みを紹介していこうと思っています。
良かったらあなたも一緒に何かしてみませんか?

写真は去年3月に休みを取って行った南相馬市の空。寒かった。
軽い気持ちで始めますが、これから1年間続けます。
※このイベントは特定の政治活動や宗教活動とは関係ありません

このイベントを始めるきっかけとなった出来事はこちら
https://www.facebook.com/tsutomu.uchida/posts/10202308157166106

2013年11月の出来事まとめ

イバヤさんが主催しているNight walkers, don’t be afraid.というイベントに参加しています。1ヵ月に起きた事を月末に振り返って一番やばいと思った事をつらつらと書くイベントです。その準備として、まずはこの1ヵ月に僕の身の回りに起こった事を列挙していきます。

秋の公園

【2013年11月にあった事】
1日 誕生日だった。すげー沢山メッセージもらってビックリしました。何年かぶりで会った人が全然変わってなくて嬉しかった。夜は初めての座禅会に。なかなか良かった。
2日 今年はけやき坂のライトアップが赤くなる事を発見した。
3日 何かやってくれる人を募集したら、何人か返事をしてくれて嬉しかった。実現頑張ります。
4日 メーカーフェアに行った。内容の交通整理が必要だと思った。KAGE-3Dという影絵で3Dを体験できる展示がナイスだった。
5日 HEADのシェアハウスは脱法か、というイベントに行った。記事にしようと思ったけど時間がなくて出来なかった。
6日 「ご近所づきあいのうた」という曲にハマる。イケメンとラーメンを食べた。人見知りの為の営業術というセミナーに行った。無料だったけど大変役にたった。嫁とシャレオツに飲んだ。
7日 イケアの家具の組み立てに悪戦苦闘。酒が残った状態でやるもんじゃない。
8日 人の出会いを演出。ちょっち微妙な感じ。その後に新宿でボッチライフ談義。終電なくなって漫喫に泊まる。
9日 田中マー君の投球を見て、思った事を書いた。
10日 人数の少ないシェアハウスって、細かいルールが必要なくて良いなと思った。
11日 シェアハウスのメンバーだった設楽さんがTechCrunchのイベントでプレゼンするのを1万円払って見に行く。ひたすら格好いい!
12日 TechCrunchのイベント2日目。ランチが無料で出てきて驚く。ようやく永田さんのセミナーを告知。
13日 通販で買ったボッチライフが届く。
14日 シェアハウスのメンバーだった、ともゑちゃんが引っ越し。友人以外の初の入居者だったので一言でいえないぐらい感慨深い。この日は落ち込む出来事が4つ重なり思わずワイン1本空けてしまう。5時間もつきあってくれたこぐすん、ありがとう。
15日 仕事先で机の引っ越し。喜怒哀楽について考えた。
16日 田頭さんにNゲージの風景工作の基本を教わりに行く。で、泊まる。
17日 普通に仕事で徹夜。
18日 満月BBQというイベントを開催。12年ぶりぐらいに高校時代の友人、菊田くんに会った。軽いノリが全然変わってなかった。
19日 新宿で不思議な人を紹介してもらった。
20日 記憶にも記録にもない1日。
21日 オシャレしようと決意し、服を15万円分も大人買いした。色んな意味でいい経験だった。
22日 シェアハウスのメンバーだった2人とそれぞれ別々に関係者も含めて飲んだ。なぜ1日のうちにこういう事が起きるのか不思議な体験だったけど、人生がある方向に動き出した気がした。
23日 ホリエモンにインタビュー。自分にがっかりした。
24日 グローバリゼーションについて考えて落ち込んだ。小さな幸せってなんだろう?
25日 ランチMTGしに入ったカフェでゼクシィを発見し、その分厚さにのけぞった。色んな話ができて刺激になった。突然呼び出されてズミシーの引っ越しを手伝った。新居は思い切りの良い設計のシェアハウスで、作った人の感性がにじみ出ていた。
26日 追い詰められたけど、仕事が進まなかった。
27日 いつものように仕事で徹夜。急に担当内容が変わってなかなか大変だった。
28日 冬休みに突入。免許更新したらGOLDに。ライティングのセミナーの帰りによった洋食屋さんが素敵。神泉とう街が俄然気になる。
29日 独りでバーガーキング行って食べ放題にチャレンジ。ワッパー3つが限界でした。夜はバシ&ズミシーと鍋。その後おでん屋に行って、帰りに乗ったタクシーで良い話が聞けた。
30日 子供の学芸会を見た。インターナショナルスクールなので日本語と英語で劇が進行。自分の英語力が不安になってきた。その後、永田さんのイノシシイベントに行き、久しぶりにLZちゃんに会う。すっかり忘れられていたが、すぐ仲良しに。LZちゃん天使。