競作:友達の結婚式に行った時の話

みんなでブログを書く会のVol.2というのを開催していまして、今回のテーマは「友達の結婚式に行った時の話」となっております。

自分の身近で最近結婚式を挙げた人といえば、かつて南砂のシェアハウスに住んでいた、ともえちゃんぐらいしかいないので、彼女の結婚式に行った時の事を書きます。


ともえちゃんは、僕が一番最初に運営した南砂のシェアハウスを一番最初に契約してくれた住人だった。だいたい半年ぐらい住んでいたと思う。

ともえちゃんはシェアハウスを出て都内でしばらく一人暮らしをした後、地元・名古屋に戻り結婚した。相手は年上の大学教授の方で、一度3人で飲んだ事があった。物静かで愛情の深そうな人だった。

式は2014年9月、名古屋の南山教会で行われた。ともえちゃんが通っていたカトリック系の高校の隣にあり、カマボコ型のとても大きな教会だった。僕は子供の頃キリスト教系の保育園に通ったので教会というものには馴染みがあるのだけれど、南山教会は全然スケールが違い、とても大きく荘厳で明るく綺麗だったのを覚えている。

式はともえちゃんの高校時代の恩師の先生が執り行ってくれた。確か恩師の先生は校長先生に出世されていたと思う。そしてもちろん、神父さんでもあった。十数年の時を経て、恩師に祝福される気分は、いくばくか。

純白のウエディングドレスを纏った久しぶりに見るともえちゃんは、やっぱりともえちゃんなんだけど、どこか少し遠くに感じた。旦那さんの方は、随分格好良く見えた。

こういってはなんだけど、所詮、人の結婚式なので、式そのものには大して思い入れはなかった。みんなに祝ってもらって幸せそうだな〜、ぐらいの感覚だった。

式が一通り終わった後、恩師の先生(神父さん)のお話をいただいた。2年以上前の話なので細かい事は忘れてしまったのだけど、人の縁についてと、どういう人と結婚したら良いか、という内容だったと思う。そして後者の事は今でも覚えている。

先生は「結婚相手を選ぶ時は、家柄が良いとか、仕事が出来るとか、顔が良いとか、お金持ちだとか、そんな事で選んではいけない」と優しく静かに語って下さった。その後に「ただ、あなたがそこにいるだけで良いと言ってくれる人と結婚しなさい」と説いたのだ。ありのままのあなたを全て受け入れてくれる人と結婚しなさい、という意味だったと思う。とても深い話だった。

でも、僕は少し疑問だった。そんな良い話があるのかな〜と。好きな人が出来たとして、条件が合わなかったら結婚出来ないじゃん、と思ったのだ。

例えば、昼間仕事をしている人と夜に仕事をしている人が結婚して、うまくいくのは難しいんじゃないかなぁと。好きな相手との関係を維持させるために多大な労力を使うのは、なんだか本末転倒のような気がしたのだ。

   ※   ※   ※

それから2年半が経って、つい最近、僕は結婚をした。相手は少し前からの知り合いではあったけど、つきあって1ヵ月ほどで結婚してしまったので、結婚式をどうしようとか、細かい事は何も決めていないし、どんな人なのかもそこまで詳しく知っている訳ではなかった。だから結婚してから相手の知らなかった部分に気づいて驚く事がしょっちゅうある。

お互い自分の運営するシェアハウスに住んでいるので、新居をどこにおくかは切実な問題だ。だいたい、シェアハウス運営者同士の結婚なんて聞いた事がない。条件でいったら、これほど合わない条件もなかなか無い。

じゃぁなんで結婚したのかと言えば、一言でいうならば、この相手と結婚できるんだったら他の事はすべて細かい事だと思えたから。大小様々な障害や条件はとりあえず一旦忘れて、ただこの人と一緒に居れたらいいな、と思ったので躊躇なく結婚しようと思ったのだ。

障害は取り除けばいいし、条件は変わるかもしれない。何よりも大切なのは、目の前のその人と一緒に居られる事なのだ。そして「あ、これって、あの時先生が言ってくれた事、そのまんまじゃん」と思ったのだ。

   ※   ※   ※

結局、新居問題に関しては、今のところお互いのシェアハウスを行ったり来たりしながら生活している。これについては、居場所が定まらないという不便な部分もある一方で、家が増え知り合いが増えて楽しいという側面もある。

この先の結婚生活にまだまだ沢山地雷が沢山埋まっている気がするのだけど、一度知り合ってつきあって結婚してしまった強力な縁があるので、なんとかなるんじゃないかという気がしている。

結婚というものは、お互いがお互いを結婚していると思ってさえいれば維持できるので、距離とか時間とか、あるいは社会的な承認の仕組みとか、どうだって良いのだ。ただ自分たちが結婚していると思えば、それで維持できるのだ。いつも先生の言葉が後押ししてくれるので、そんなに不安はない。

そんな訳で、人生二回目(ここがちょっと痛い)の伴侶を得る事が出来たのは、あの先生のお言葉があったからで、結婚式に呼んでくれたともえちゃんには大変感謝をしている。

若者よ、気軽に選挙に出よう!

すがやんこと、菅谷圭介さんが27歳で豊島区議選に立候補して、落選した。最低当選ラインが1526票、すがやんの得票が972票なので、まずまず健闘したけど当選にはちょっと遠いな、ぐらいの戦いだったのだと思います。

出馬前日の すがやんこと菅谷圭介さん
すがやんの事を知らない人の為に簡単に紹介すると、元々法政大学でゆとり全共闘という不思議な学生運動をやっていた人で、東池袋にある「りべるたん」というちょっと危険な香りのするシェアハウスの創設者でもあります。訴えていた政策については、この辺を。

元々シェアハウスつながりで知り合った人が選挙に出馬するというのは、なかなか新鮮な経験です。というか、知り合いの20代の若者が選挙で出馬するのは初めてです。

今の御時世、組織(政党)に所属せずに選挙を戦って当選するのは、かなり難しいらしい。すがやんは見事にその壁にぶつかって、あっさり負けてしまった訳です。かっこ良くいえばドンキホーテだし、悪くいえ準備不足・力不足な若者の挑戦、といえなくもない。そこは1週間でハッキリ結果が出ています。

近いような遠いような距離感の中で、僕が今回のすがやんの行動を見ていて思ったのは、「なんか昔、自分が会社を作った頃に似ているなぁ」という事です。

すがやんのポスター貼りをお手伝い
僕が最初に友達と会社を作ったのは29歳の時。その時は20代で起業なんて珍しかった、というよりは周囲に1人も会社やってる奴なんていませんでした(少なくとも僕の周りには)。有限会社でも資本金は300万円必要だったし、シェアオフィスやコワーキングスペースなんて洒落たものはなくて、電話1本引くのにも保証金が必要で準備も大変だった。

でも今は、ちょっとイケてる大学生の女の子が「アプリを作って起業します!」とSNSで発信するだけで、VCからとりあえずのお金がもらえちゃったりする時代(実話)。元気のある奴はどんどん起業するし、バンバン儲かっている奴も沢山いる。

だから、すがやんが出馬は、今はまだ珍しい例として語られるのかもしれないけれど、10年後、20年後は「被選挙権がもらえる年齢になったらとりあえず出馬してみるっしょ。リスクないし!」みたいな世の中に変わっているかもしれない。というか、そう変わった方が世の中が良くなる気がしています。

日本の若者は、人口比で高齢者と比べると少ないので選挙では不利です。さらに若者は投票に行かない。だから政治的弱者になりやすい。でも沢山の若者が立候補すれば若者の投票率だって上がるし、若者の方が行動力があるから、10人、20人という単位で立候補者が増えれば、当選する確率だって上がるかもしれない。

若い人は、地盤・看板・カバンがない(あるのは世襲の奴だけだ)。だけど、時間がある。すがやんが4年後もめげずに立候補するかは分からないけど、仮に4年後にも立候補したら人は本気だと思うでしょう。時間というフルイが行動の一貫性を証明してくれるのです。それは若者が持つ大きな武器だ。

確かに今回、すがやんは落選した。だけどそれは、何も変えなかったという事ではない。

「誰かが」割と普通の若者だったすがやんが立候補した事実を知り、「誰かが」駅前で演説する声を聞き、「誰かが」一度に30人もの人間がボランティアでポスター貼りを手伝う様子を目の当たりにし、何かを感じただろう。だからこそ900人を超える人が票を投じたのだと思う。

だから、若い人はもっともっと立候補して、世の中を変えて行くべきなんじゃないか。そんな事を感じました。

こぐすんが卒家

カボチャパイを切るこぐすん
こぐすんこと小薬達也さんシティファーム南砂を卒家しました。

こぐすんとの関係を何て言ったらいいのだろう、と、一晩ずっと考えていたのだけれど、なかなか結論が出ませんでした。敢えていうなら友達でもない恋人でもない、別の何か。僕の中ではこぐすんはこぐすんで、他に良い表現が見つからない特別な存在なんだな〜と今更ながらに再認識した次第です。

客観的に言えば、こぐすんは僕の人生において家族を除いて一番長く寝食を共にした人間です。約2年間、晴れの日も雨の日も雪の日も、こぐすんと1つ屋根の下で人生を共にしていました。2年間というと僕の人生の約5%ですが、感覚としてはもっとずっと長くて、人生の3分の1ぐらいは一緒に居た気がしています。

こぐすんの出会いは偶然で、たまたま同じシェアハウス(x-garden)に住む事になっただけです。今でもハッキリ覚えているのは、こぐすんが引っ越して来る時、「2年後に起業予定の人が新規に入居してきます」と案内があったのですが、その際に「なんじゃそりゃ。2年後とか生ぬるい事を言ってる奴は起業なんてやめちまえ!」と思った事です。

そこをお互い同時期に出て、シティファームの前身「ナインステージ」で一緒に住むようになった当初も、それほど仲良しという訳でもありませんでした。それが何でこんな余人をもって代えがたい深い関係になったのかは良く分かりません。まさにシェアハウスのマジックというしか無いのだけれど。

「コグ」と名前入りのパイ

こぐすんとは一緒に温泉に行ったり山に登ったりイベントを開催したりしたけど、自分の中で一番印象に残っているのは、色んな人生相談をした事です。一回りも年下を相手になんだけど、とにかくこぐすんには色んな相談にのってもらいました。外が明るくなるまで話をした事も数知れず。よくつきあってくれたな〜と今更ながらに思います。まぁ主に恋バナだったりするのは、ご愛嬌ですが(笑)

結果的に、当初の予定通り約2年後に起業する事になったこぐすん。これから大きく成長して欲しい気持ちもあるし、あまり遠くに行かないで欲しいという気持ちもあって、ちょっと複雑です。

日本一になるのは簡単だ

今日は30時間ぐらい働いて、本拠地に帰ってきて爆睡するかと思ったら、なぜか3時間ぐらいで目が覚めました。

得津武之心@ハートネットTV
モゾモゾ起きてfbチェックしてたら、ちょっとだけ知り合いの得津武之心さんがNHKの番組に出演するという。

武之心(みんな呼び捨てなので、ここから僕も呼び捨て)は家入さんがやっている、六本木のリバ邸というシェアハウスの住人です。以前、小谷さん坂爪さん、内田+のりをの4人でホームレス集会をやった時に、小谷さんがみんなをリバ邸に連れていってくれて、その時に出会いました(あと石原さんも)。

その時、最近おにぎり屋を始めたというので、その場でみんな食べさせてもらいました。どんなおにぎりが出てくるのか楽しみでしたが、なんとシェアハウスにある電子ジャーでご飯を炊くといいます。

得津武之心のおにぎり
僕は土鍋でご飯を炊くコダワリ派なので、「おいおい、ちゃんとしたおにぎりを出してくれよ〜」と思いましたが、実家のお米屋さんから送ってもらった米で作ったおにぎりはそこそこ美味しく、24時間1個からでも無料宅配してくれる(当時)という事で、案外いけちゃうかも、と思った記憶があります。何しろ宅配料が無料なので、TV業界やお水業界からお呼びがかかる可能性があるかもしれないと思ったのです。

  ※  ※  ※

どっから見ても「ヒッキーそのもの」といった風貌の武之心。おにぎり屋さんなのにメニュー表も作らないし、「こいつ、やっぱダメかも〜」と思い始めていた僕の心象が大きく変わったのは、先日、中村さんに呼んでもらってリバ邸渋谷、通称リバシブに遊びに行った時の事。

誰が言ったのかはもう忘れちゃったんだけど、誰かが「オレは武之心を評価している」と言ったのがキッカケです。

その人は、こうも言いました。

 起業したいって言う奴は良くいるけど、実際に行動する奴は僅かだ。
 そして武之心は、実際に行動している。

本当にその通りで、僕の所にも時々起業の相談が来るけど、実際、50人か100人に1人ぐらいしか起業しません。そして、続ける人は、もっと少ない。

武之心の場合はおにぎり屋なので始めるのはとっても簡単だけど、僕は、武之心をそういう風に評価している人がいるのを知って、武之心の評価を変えたのでした。

  ※  ※  ※

そんな武之心が「家入さんがやっているシェアハウスの住人」という形で、NHKのハートネットTVという番組で取り上げられました。番組では、元々実家でヒッキーしていた武之心が上京した理由や、周りの人に助けられながら、おにぎりを売っていく様子が分かりやすくまとめられていました。一言でいえば「いい話だな〜」という感じ。

その番組を観終わって僕はふと「あぁ、今、武之心は日本で一番有名なおにぎり屋さんになったな」と思いました。そして僕は言いたい。

 日本一には、誰でもなれます!
 あなたもなれます! だからチャレンジしよう!

例えば、外食産業で日本一になろうとすると、すき家とかマクドナルドとかの様に何千億円も売らないといけないけど、おにぎり屋だったらもう少しハードルが低い。もっと絞り込んで、全部手作りのおにぎり屋だったら、もっとハードルが下がります。

武之心の場合は、今この瞬間に一番有名な全部手作りの起業したばかりのおにぎり屋、というところまで絞らないといけないけど、とにかくNHKの全国ネットで放送した瞬間は「日本で一番有名なおにぎり屋」になってたのは間違いないと思います。

 とにかく対象を細かく絞る。そうすれば誰でも日本一になれる。

これは僕なりの体験から導き出した法則なので、絶対に間違っていない自信があります。

  ※  ※  ※

僕がどうやって「誰でも日本一になる法則」を見つけ出したのかというと、その昔、友達と2人でアニメ会社を経営していた時まで遡ります。

当時はとにかく毎日みんなボロボロになるまで働いていて、夜の12時に「オレ終電だからもう帰るわ」というと、相棒から「え〜!? もう帰っちゃうの?」と言われ、明るくなるまで働くのがフツーみたいな状態でした。

そんなシンドイ中、人が増えてきたので2つ目のオフィスを借りる事になり、その際、どんな椅子を買おうか2人でちょっと考えたのです。

アニメーターは一日中椅子に座っている仕事です。だから椅子にはこだわりたい。

当時、どこのアニメ会社もあんまり良い椅子は使っていないけど、僕達は頑張って少し高級な椅子を買う事にしました。見た目もちょっと気にしました。

高級、といっても何十万円もする椅子は買えません。相棒が頑張って、十数万円の椅子を7〜8万円ぐらいで手に入れてきました。背もたれが高くてメッシュで赤い回転式の椅子です。そして、みんなでその椅子を組み立てている際に、僕は気付いたのです。

 なあ、他のアニメ会社でこんな良い椅子使っているところ、他にあるかな?

と僕が言うと、相棒は、

 いや、こんな良い椅子を使っている会社は1つもない

と断言しました。僕は続けます。

 だったらさ、オレ達、日本で一番いい椅子を使っているアニメ会社って事にならないか?

相棒は返します。

 そうだな、確かにそうだ。
 オレたち、日本で一番いい椅子を使っているアニメ会社を作っちゃったよ。
 日本一なんて簡単だな!(笑)

相棒はいつものように「はっはっはっ」と乾いた大きな声で笑います。

 「日本一いい椅子を使っているアニメ会社」

その言葉に、対外的なメリットは何もありません。でも僕たちは楽しくなり、気分が良くなり、救われました。

「日本一」。その言葉には希望があります。その称号を自分達で思いついた時、僕はそれまでの苦労が報われた気がしたのです。

他人にとってはどうでも良い日本一かもしれません。でも、この赤い椅子を買い増すために、徹夜が何日か増えても構わない。そう僕は思ったのです。

 日本一には誰でもなれます。だからみんなに挑戦して欲しい。

そして今日、「日本で一番有名なおにぎり屋」になった武之心。もしかしたら家入さんに続くヒッキーの希望の星になったのかもしれないなと思いました。

武之心が出演していたハートネットTVの再放送は、2014/5/26(月) 13:05〜 NHK Eテレにて。

#ヒッチハウス をしない日

今日は、同じ趣味? を持つ女の子が本拠地(ナインステージ)まで遊びに来てくれて、5時間ほど語りんしてくれました。どこかに出かけて行って話すのも楽しいけど、うちに来てもらえるのも勿論大歓迎。

共通項があるというのは良い事で、他の人たちよりももっと深くアイデアだったり悩みだったりを共有できてちょっと嬉しかった。

色んな話をした中で一番面白かったのが、月3万円で生きていく話。

前に家賃月3万円のシェアハウスが作れたらいいのにな~と言ってた友達がいたけれど、ヒッチハウスしてれば家賃すら必要なくて、食事は誰かにおごってもらって、携帯代と電車賃があればなんとかなる。いや、もしかしたら自転車か原付があれば電車賃すら必要ないかも。そうしたら3万円あれば十分生きていけるんじゃないか。

そんな中で、どうやって3万円稼げばいいか、という話になって note.mu とか、有料メルマガで売文すれば生きていけるんじゃないか、という結論になりました。

実際問題、月300円払ってくれる人が100人いれば月収3万円の収入になります。これぐらいなら、なんとかなりそう。

大切なのは売上を伸ばす事じゃなくて、支出を減らす事。そうするだけで格段に生きやすくなる気がします。

そんな訳で、ヒッチハウスとかカウチサーフィンとか神待ちとかもっと広めたいし、もっと手軽にできるようなツールも作ってみたい。

ちなみに彼女は note.mu が気に入ってくれて、その場でID取って作業に入ろうとしたんだけれど、iPadだとコンテンツ作成はできなくて、ちょっと残念。しかたなくまぐまぐ使って有料メルマガを配信する事になりました。

その後は屋上菜園でパクチーの種まきを手伝ってもらって、それぞれ次の目的地に向かったのでした。