設楽直伸さんとゲームシストとTechCrunch

この間までうちのシェアハウス(9stage)のメンバーだった 設楽直伸さんが、スタートアップイベントで世界的に有名な TechCrunchTokyoのスタートアップバトルで登壇。その姿がキレる男って感じで格好いい!

設楽直伸さん@TechCrunchTokyo 設楽直伸さん@TechCrunchTokyo2

プレゼンの題材はSNS型インディーズゲーム養成プラットフォームとでもいうべきもの。名前は「ゲームシスト」。クラウドファウンディングとかの仕組みも取り入れて、構想は壮大です。

実は設楽さんは、前の起業家向けシェアハウス(x-garden)に一緒に住んでいた頃からコツコツ個人でこのサービスの開発を続けていて、密かに偉いな~と思っていました。

僕がプロトタイプを見たのは1年ぐらい前だけど、たぶん、そのもっと前から開発していたんだと思います。僕らがお酒飲んだりしている間も、ずっと地道に作っていた努力がこうした成果につながりました。

設楽直伸さん@TechCrunchTokyo3 設楽直伸さん@TechCrunchTokyo4

残念ながら決勝には残れなかったけど、90社以上の中から選ばれてピッチしただけでもなかなかのもの。このイベントがキッカケとなって、新しい仕事の話とかきたらしいです。IT系のテンポ感が凄い!

おめでとう!!!

こぐすんの「まかない」実験

今住んでいるシェアハウスの住人に小薬さんという人がいます。

桜屋:小薬さん
20代でまだ若いのに見た目はオッサン風なのですが、ものすごい女子力が高いと評判です。具体的にいうと、料理が上手です。ちなみにニックネームは「こぐすん」

桜屋:ほぼ全品
その小薬さんが、シェアハウスの中で料理屋さんをオープンさせる実験を始めたので、試しに参加しました。なんでもバイクを買う資金が欲しいとか。

桜屋:豆腐ハンバーグ
メインは豆腐ハンバーグです。2個あります。これはポイント高い! 食べると、豆腐を意識させない味で美味しい。ちょっと胡椒が強めかな?

桜屋:サラダ
野菜スティックサラダです。これは普通。

桜屋:コンソメスープ
コンソメスープです。上にパセリが載っていると、やっぱり嬉しいです。

桜屋:オムレツ
プレーンオムレツです。バターと卵だけ使って作ったシンプルな味です。いいにおい。

桜屋:プリン
プリンです。さすがにこれは市販品です。まぁ、美味しいけど。これに紅茶がついて、なんと500円! 今回はテスト価格とはいえ、安すぎます(x_x)/

桜屋:ケンちゃん
同じく住人のケンちゃんも激賛!

桜屋:料理中の小薬さん
料理中の小薬さん。「なんか普段着で料理してると美味しくなさそう」っていったら、オリジナルエプロンの自作を考えているそうです。

桜屋:野菜スティック
野菜スティックなんかも、自分で作ると面倒くさいですよね。こうやって切って出してくれるだけで嬉しいです。

桜屋:ハンバーグ焼く
鮮やかな手つきで焼く豆腐ハンバーグ。焼きたてですよ、焼きたて!

という訳で、満腹満腹。うまくローンチできるといいね、こぐすん。

マンゴービジネスの準備

セブ島から到着したマンゴー

一緒にシェアハウスに住んでいるズミシーさんが、フィリピンのセブ島からマンゴーを個人輸入した。

彼はマンゴーを輸入する事による社会貢献を考えている。そのテストだ。

1つ食べさせてもらったけど、若々しい味がして美味かった。

ズミシーさんによると、まだ熟しきっていないので、青っぽくて美味しくないという事だが、僕はそれもまた良いな、と思った。