#UberEats 初配達完了

UberEatsで配達

UberEatsで配達

毎日机に座ってパソコン仕事ばかりしていると目も腰も痛くなるので、なにか軽い運動をしながらお金が稼げる方法はないかなと思って、UberEatsにたどりつきました。要するにスマホ時代のお弁当の配達屋さんですね。

登録も終わり、早速初回の配達をしてみたので、軽く報告します。

今回はドコモと都心の自治体がやっているシェア自転車を使いました(バイクでも配達できます)。UberEatsやっている人用の安いレンタルプランがあるのですが、今回はお試しという事で1回会員、150円/30分(税別)のプランを利用します。

UberEatsの配達エリアは都心中心なので、秋葉原で自転車を借りて、Uberの配達員用アプリを起動。待機開始します。

13:40に開始して、準備運動などしながら待ちます。ランチタイムを過ぎてしまっているので、そんなすぐにはお呼びがかかりません。ちょっと暇すぎたので、ヨドバシカメラで買い物をしてたら、ちょうど呼び出しがかかりました(笑)

飯田橋駅前にある某大手定食屋チェーンからです。秋葉原から自転車ちょっと距離があるんですが、頑張ってダッシュで向かいます。

「Uberさん来ました!」と言われ、お弁当をGET。専用のバッグに入れて運ぶのですが、お弁当がこぼれてしまわないかちょっと心配です。

870mほど離れた新宿区のマンションに配達し、無事終了。

料金は600円で、手数料210円を引かれて390円が僕の取り分でした。

ドコモと自治体が運営するシェア自転車

この日は13:40から待機を開始し17:00まで3時間19分の待機で、1件の配達。これだけでも、時給120円ぐらいなのですが、この他に自転車のレンタル代810円、新小岩から秋葉原まで電車賃が165円、水道橋から新小岩まで215円で経費が1190円かかっているので、800円の赤字となりました(;_;)

まぁ注文が少ない時間に自転車を借りてしまったのが敗因なので、次は頑張ろうかなと。ちなみにこのシェア自転車、電動アシスト付きなので移動が楽です。が、運動不足解消が目的なのでちょっと微妙(笑)

ちなみにUberEatsの配達員をやってみたい人は、こちらから登録すると僕にもあなたにもボーナスが入るので、クリックよろしくお願いします。

https://get.uber.com/p/eats-courier/?invite_code=9uce9x

UberEatsで健康に

UberEats

UberEats
運動不足を解消したい、という時に、スポーツジムに行くよりも、肉体労働をした方が建設的なような気がして、自転車で食事の配達をするUberEatsというサービスに登録しました。
https://www.ubereats.com/tokyo/

都内だったら好きな時に運動&仕事が出来るので、ランチタイムに配達員の仕事をしてから Webの仕事をしたりできる。逆に、夕方5時で仕事が終わる人は、そこから夕食時の配達で一稼ぎする事も可能。

時給1000円ぐらいいくといいけどなぁ。

再び Backlogでタスク管理を開始

Webの仕事では Backlogを使ったToDo(タスク)管理が定着して、それなりに機能している。
まぁこれについては、関係者が数名で仕事量も少ないというのが幸いしている。

自分の身の回り(会社+プライベート)の作業も Backlogを使って管理しようとした事があったけど、やる事が有りすぎて少しもタスクが減らず挫折した。

最近はようやく少し落ち着いてきた感じがするので、再度チャレンジ。とはいうものの、こうやってブログに書かないと挫折しちゃいそうな気がする(笑) ブログは何かを続けるモチベーションとしては手軽で便利。

Backlog

とりあえず急ぎのタスクを書き出したら23個あったので、まずはこれの消化に励みます。

My Yahoo! がついに終了

My Yahoo! 終了のお知らせ
My Yahoo! が昨日で終了。1998年開始だから18年もずっと使ってきた個人向けポータル構築サービスともついにお別れの日が来た。

Yahoo! JAPAN上のコンテンツはもとより、インターネット上のブログや各種ニュースサイトなどから、好きな情報を組み合わせ自分専用のページを作成できるサービスとして親しまれています。

要するに、ブラウザを起動した時に、自分の必要な情報やサービスを1つにまとめて表示するサービスでした。ニュース、天気予報、株価、RSS(ブログの更新情報)、乗換案内、Webメール、ヤフオクの価格、これらのサービスがシームレスにつながって使えたら便利だよね、という事で、昔は色んな会社が参入していた。少し前まではGoogleもやってたけど諦めて、いまはほとんどサービスを提供している会社がなくなってしまった。単なる RSSリーダーじゃないところが良かったのに。

必要な情報を如何に簡単に送り届けるか、という試行錯誤はネットの黎明期からずっと続いていて終わりがない。昔は PointCastだったけど、それを現代風にアレンジしたのが SmartNewsやGunosyなのかなと。上場している会社が2つもあるんだから、なんとかマネタイズして継続して欲しかったなぁという気持ちはあるのだけど、twitterで「my yahoo」と検索した限りだと、もうあまり使われていなかったようなので終了もやむ無しか。

ネットのサービスで終了しないものは、ほぼない。古い家具や車などは丁寧に使えばずっと残しておけるけど、ネットサービスはそれが出来ない。ただ、懐かしむだけだ。そして時と共に知っている人が減り忘れられていく。常に使っているサービスを乗り換え続ける事を強いられる。これが、インターネットがどこか落ち着かない理由なんじゃないかなぁと思っている。新陳代謝が速い理由でもあるのだけど。

そんな中でこのブログのドメイン「d-t-v.com」を取ったのがちょうど My Yahoo! が始まったのと同じ1998年だった。つまり Yahoo! Japanという巨大な会社が運営するサービスより、個人が細々と続けている「ホームページ」の方が長く続ける事が出来たという訳。

どっちが人の役に立つかは、そりゃもう明白なんだけど、自分にとってはいつの時代になっても変わらない「起点」がある事が、安心感の1つになっています。

まとまらないけど、終わり。

NETFLIXが許せない

近頃話題の定額見放題映像配信サービス(SVODっていう)の1つNETFLIX(ネットフリックス)

画質もいいし複数のIDを持てるのもいいんだけど、たった1つ、許せない事がある。

それは映画のエンドロールに「広告」が入る事。
NETFLIXの広告

映画が終わっていい感じで余韻にひたっていると、突如画面がワイプサイズに縮小され違う映画の告知が入ってしまうのです。写真の左上に黒く小さく写っているのが映画の本編。周囲にデカデカと写っているのが「広告」部分です。

なんじゃこりゃ〜!!! ムードもクソもあったもんじゃない。せっかくの映画体験が台無しである。製作者への冒涜でもある。

こういう「愛」の無いサービスは使いなくないなぁと思ってしまうのだけど、日本ではどの程度普及するんだろうか?

映画好きなら選びたくないサービスです。

ちなみに昨日観た映画はスティーブ・ジョブズでした。内容はまぁまぁ。ただApple史を知らない人には楽しめない映画だろうなぁ、と。

※追記:huluもだそうで。。。