coin-hiveで #仮想通貨 をWebマイニングした結果

いや〜、ビットコインがマジで急騰していますね。いまこれを書いている段階でなんと64万円ですよ! ついこの間、チャイナショックで32万円だったのに、たった1ヵ月で倍ですよ、倍!!

ビットコインが64万円

そんな訳で仮想通貨ブームが来ております。前回、Webサイト閲覧者のCPUパワーを借りて仮想通貨を掘る coin-hiveを紹介しましたが、その後、IT Mediaで取りあげられるまでにメジャーな存在になっていました。

coin-hiveで仮想通貨をWebマイニング
話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか

で、その結果をご報告です。

まず各環境毎に、どれくらいの量が掘れるのかざっくり調べました。参考値として、MinerGateでの採掘量(ハッシュ)も記載します。

Machine Coinhive MinerGate
MacBookAir(Core i7-5650U 2.20GHz) 40H/s 75H/s
WinDesktop(Core i7-3930K 3.20GHz) 80H/s 170H/s
AndroidTablet 5H/s 10H/s
iPhone6 5H/s None

と、おおよそMinerGate(専用ソフト)で掘る時の半分程度の速度が出ています。JavaScriptでこれなら、かなり優秀な成績ではないでしょうか?

そして、日々、どの程度掘れたのか、グラフで表示するとこんな感じです。

coinhiveグラフ

青の矢印で示したのが閲覧者が掘ってくれた分、赤の矢印で示したのが自分が仕事しながらデスクトップPCを使って掘った分です。閲覧者は記事を見終わると去ってしまうので1人1人はほんのちょっとしか掘ってくれません(涙)。自分は仕事中はずっとページを開きっぱなしにしていたので高い山ができています。

そして結局いくら掘れたのか、発表です!

coinhive結果

約3週間で 0.00686XMR = 72.6円の収入になりました!
(実際はここから換金手数料などが引かれます)

という訳で、結構自分のPCなども投入して頑張ったのですが、このような道に落ちているコーラの瓶を拾って換金した方がマシ! という結果になりました。もし自分のPCを投入して頑張らなければ10円もいかなかったでしょう(協力してくれたチャンドラありがとう!)。

まぁ収入目当てでやっているブログではないので、面白く実験できればそれでよし! としましょう。