中村繭子さんと、人生をシェアする事になりました

割と急に決まったのですが、友達のシェアハウスで出会ったシェアハウスを運営する女性と、人生をシェアする事になりました。いわゆる結婚という奴です。昨日、届けを提出しました。

相手はカレーやスパイスやインドに詳しい面白い人です(褒め言葉)。ウルドゥー語がしゃべれます。鎌倉で、たけのこ庵というシェアハウスを運営している人なので、帰る家がまた一つ増えてしまいました(笑)

つきあって1ヶ月で結婚を決めてしまったので、これからの事は何も決めていませんが、まずはよろしくお願いします。

なぜ地域と関わるのか?

寺坂棚田
昔、あるシェアハウス運営者に、

 「何でシェアハウスを始めたんですか?」

と聞いたら、

 「イベントをやって人が集まっても、結局その日限りで終わっちゃう。だからずっと集まって居られるようにシェアハウスを始めた」

と言っていた。

なんで秩父という地域とかかわっているのかなと思って自分の心の奥を探ったら、この言葉が出てきた。

シェアハウスに住んでいても、いつか別れる時が来てしまう。それはそれで良い事なのだけど、家という関わりから地域という関わりにスケールを変えると、もっと長い間、同じ人と付き合う事が出来るんじゃないか。

無意識だけど、そんな事を考えながら最近は行動している気がします。

シティファーム南砂:解散のお知らせ

突然ですが、僕が運営しているシェアハウス「シティファーム南砂」をスパっとやめてしまう事にしました。明日、解約通知を出し、6月20日に契約終了の予定です。6月18日か19日に解散パーティーをするつもりです。

鉄道模型シェアハウスだった頃から数えて3年ちょい。初めて自分で運営するシェアハウスだった事もあり、思い入れもかなり深いです。正確な数は分からないですが、年間100人程度の人がこの家に遊びに来ていて、住んでいるメンバー以外にも沢山の人の思い出に残る家になったと思っています。

シティファーム南砂に遊びに来た人々

理由としては秩父に割けるリソースをできるだけ増やしたい、というのが大きいです。テレビの仕事をやめ、収入を減らしてまで秩父に注力しているので、ここは勝負時かな〜と。あとメンバーが入れ替わるタイミングが早目に分かっていたのも背中を押しました。

今日も夜はずっと南砂のリビングで過ごして、みんなでご飯食べたり笑点50周年スペシャルを観たり雑談したりして楽しい1日だったので、自分でこの状態に終止符をうつのが信じられない気持ちです。

「シェアハウスの仲間と一生一緒にいられる訳じゃない。だから1日1日が大切なんだ」 by ガッチさん

客観的に言って自分の行動は正しいと思うのですが、心の整理はまだこれから、といった状態です。

   ※   ※   ※

そしてここで1つ【ゆる募】があります。いまの南砂の物件を、そのまま引き継いで借りたい人はいませんか? マンション最上階のオーナー仕様で5LDK。サウナ、ルーフバルコニー付き、日当たり最高の良物件です。家具とか電化製品とかも格安でお譲りします。

僕自身にさほどメリットはないのですが、シェアハウスOKの物件は少なく借りるのも大変なので、シェアハウスを自分で始めてみたい、という人がいたらご連絡下さい。日本に1軒でもシェアハウスが増えるといいなぁと思っています。

ちなみに秩父城は本日満室が確定、シティファームDIY雑色の方も今週テレビの取材が入るなど順調です。引き続き応援よろしくお願いします。

秩父城オープンしました

僕が企画・運営する3軒目のシェアハウス「秩父城」が2016年4月15日にオープンしました。埼玉県秩父市で初めてのシェアハウスです。
秩父城外観

こちらはオープニングパーティーの様子です。
13036411_1158426477523346_390208447_o

都会はシティファーム(南砂雑色)、田舎は秩父城が出来た事により「田舎と都会をつなぐシェアハウス」というコンセプトがついに実現できました!!

ここまで来るとは思っていなかったので、ちょっと感慨深いです。

自分の人生を充実したものにする為の、ある1つのやり方

手触り感と納得感のある暮らし、というのが割と理想です。

どこかで買ってきたものより、自分で作ったものの方が愛着がわく。
ラクしてうまくいくより、悩んで苦労してようやく達成した方が納得がいく。

そんな人生を手にするために必要なのは、不要なものを捨てること。
物事の仕組みをよく観察すること。そして、少々の時間的ゆとり。
それさえできれば、それなりに豊かな日々が待っていると思います。

そんな中でなかなか難しいのが「家を自作する」という事です。
ま、そもそも何回もする買い物じゃないしね。
時間もかかるし、技術も必要だから大抵はプロに頼む事になります。

でも僕は、1度だけ家を自作した事があります。正確にいうと自作のお手伝い。
自分が育った家を大工だった祖父が建ててくれて、そのお手伝いをしたのです。
当時5〜6歳だった僕は、レンガを運んだり木くずの掃除をしたりしながら、たまに釘を打たせてもらったのでした。
自分が作るのを手伝った家に住むというのはとても幸せな経験です。家より長く使える実用品は、なかなかありません。

雑色

たまたまだけど、そんな事ができる家を手に入れる事ができました。場所は東京都大田区。駅は雑色(京急蒲田の隣)です。
構造は変えられないけど、壁も床もイジりたい放題。自分たちが好きにカスタマイズする事ができます。

どうせなら自分一人でやるより、みんなでシェアして使った方が楽しい。
DIY好きが集まって各自それぞれ理想の部屋を作って、お互いの部屋を行ったり来たりしながら暮らしたい。
どうせなら家だけじゃなくて、ついでに野菜も作っちゃう。どうせなら壁には毎月誰かが絵を描いちゃう。

そんな楽しい生活してみませんか? 見学会をやるので、万難を排して来てください。

facebookのイベントページ

■日時 5月30日(土) 10:30〜15:00
■集合方法
京急雑色駅改札口に10:30に集合。内田と共に現地まで徒歩移動。
後から合流する場合は、個別に住所をメッセージでお伝えします。
12:00ぐらいから軽食をつまみながら参加者同士で簡単な交流会を予定しています。後は自由解散です。
■参加費 無料(スリッパ持参のこと)
■注意事項
現地のトイレは使えません。近所の公園のものを借りる事になります。
見学会の様子は撮影して、後日シェアハウスなどの案内で使用します。写ると困る方はサングラス、マスク等で自衛をお願いします。

★6/5(金)17:00〜21:00および6/8(日)9:30〜11:30にも見学会を予定しています。また個別の見学希望も受け付けています。

★シティファームの1軒目、シティファーム南砂のHPはこちらです。どうぞご参考下さい。現在、2部屋が入居可能です。
http://cityfarm.jp/