「障害者に優しいシェアハウス」がついにできました。その名はMAZARIBA(まざり場)

1年前にふとしたキッカケから「障害を持つ人は賃貸住宅を借りにくい」という事を知ってしまい、それからゆっくりと進めていた「障害者に優しいシェアハウス」を作るというプロジェクト。

夏の自由研究発表会で「障害者に優しいシェアハウス」の発表をしてきました
 ↑プロジェクトを始めたきっかけを書いてあります

色んな人に会いに行ったり、非公開のfacebookグループを作って議論したりしていましたが、ついにスタートする事ができました。

シェアハウス「MAZARIBA」

シェアハウスの名前はMAZARIBA(まざり場)と名付けました。障害がある人も、ない人も、一緒に混ざって暮らす場所、という意味です。アメリカの事を人種のサラダボウルって呼ぶ事があるけど、あれをイメージしました(僕はアメリカ礼賛者ではないのですが)。
Webは https://mazariba.jp/ です。facebookページはこちら

場所は神奈川県川崎市川崎区日ノ出(GoogleMap)。川崎大師からほど近い場所にあります。最寄駅は京急の産業道路駅です。ちょっと変わった駅名ですよね。

シェアハウス「MAZARIBA」間取り図

建物は3階建て8室(うち2部屋をドミトリーとして使用)で、広めのリビングの他に屋上もあります。付近で一番高い建物なので、見晴らしは最高です。

シェアハウス「MAZARIBA」屋上からの長め

ここで屋上BBQとか流しそうめんとかやったら最高に楽しそうです。みんなで星空を眺めたりしてもいいですよね〜。

そして、イメージイラストは寺島ヒロさんに描いていただきました。様々な障害を持つ人達が楽しそうに一緒に暮らしている雰囲気が良く出ていると思います。

シェアハウス「MAZARIBA」イメージイラスト

本当は年末から来年前半ぐらいに始めようと思っていたのですが、良い物件に出会えたので思い切って借りてしまいました。紹介して下さったMさんありがとうございます。貸主さんも建築系の方で、色々相談の乗っていただけるのでとても安心です。

さて、シェアハウスは作ってからが本番です。まずは入居者募集です。11月中はフリーレントです。無料期間だけ住むのも今回はOKです。またお試しで宿泊も歓迎です。

さらに混ざって暮らすためのルール作り、月に1回のカフェ(食事会?)なども予定しています。まずはみなさん、遊びに来て下さい。

連絡先:メディアエンジン有限会社
TEL 03-6869-0268 uchida@mediaengine.jp (内田) twitter @sidodtv