日本一になるのは簡単だ

今日は30時間ぐらい働いて、本拠地に帰ってきて爆睡するかと思ったら、なぜか3時間ぐらいで目が覚めました。

得津武之心@ハートネットTV
モゾモゾ起きてfbチェックしてたら、ちょっとだけ知り合いの得津武之心さんがNHKの番組に出演するという。

武之心(みんな呼び捨てなので、ここから僕も呼び捨て)は家入さんがやっている、六本木のリバ邸というシェアハウスの住人です。以前、小谷さん坂爪さん、内田+のりをの4人でホームレス集会をやった時に、小谷さんがみんなをリバ邸に連れていってくれて、その時に出会いました(あと石原さんも)。

その時、最近おにぎり屋を始めたというので、その場でみんな食べさせてもらいました。どんなおにぎりが出てくるのか楽しみでしたが、なんとシェアハウスにある電子ジャーでご飯を炊くといいます。

得津武之心のおにぎり
僕は土鍋でご飯を炊くコダワリ派なので、「おいおい、ちゃんとしたおにぎりを出してくれよ〜」と思いましたが、実家のお米屋さんから送ってもらった米で作ったおにぎりはそこそこ美味しく、24時間1個からでも無料宅配してくれる(当時)という事で、案外いけちゃうかも、と思った記憶があります。何しろ宅配料が無料なので、TV業界やお水業界からお呼びがかかる可能性があるかもしれないと思ったのです。

  ※  ※  ※

どっから見ても「ヒッキーそのもの」といった風貌の武之心。おにぎり屋さんなのにメニュー表も作らないし、「こいつ、やっぱダメかも〜」と思い始めていた僕の心象が大きく変わったのは、先日、中村さんに呼んでもらってリバ邸渋谷、通称リバシブに遊びに行った時の事。

誰が言ったのかはもう忘れちゃったんだけど、誰かが「オレは武之心を評価している」と言ったのがキッカケです。

その人は、こうも言いました。

 起業したいって言う奴は良くいるけど、実際に行動する奴は僅かだ。
 そして武之心は、実際に行動している。

本当にその通りで、僕の所にも時々起業の相談が来るけど、実際、50人か100人に1人ぐらいしか起業しません。そして、続ける人は、もっと少ない。

武之心の場合はおにぎり屋なので始めるのはとっても簡単だけど、僕は、武之心をそういう風に評価している人がいるのを知って、武之心の評価を変えたのでした。

  ※  ※  ※

そんな武之心が「家入さんがやっているシェアハウスの住人」という形で、NHKのハートネットTVという番組で取り上げられました。番組では、元々実家でヒッキーしていた武之心が上京した理由や、周りの人に助けられながら、おにぎりを売っていく様子が分かりやすくまとめられていました。一言でいえば「いい話だな〜」という感じ。

その番組を観終わって僕はふと「あぁ、今、武之心は日本で一番有名なおにぎり屋さんになったな」と思いました。そして僕は言いたい。

 日本一には、誰でもなれます!
 あなたもなれます! だからチャレンジしよう!

例えば、外食産業で日本一になろうとすると、すき家とかマクドナルドとかの様に何千億円も売らないといけないけど、おにぎり屋だったらもう少しハードルが低い。もっと絞り込んで、全部手作りのおにぎり屋だったら、もっとハードルが下がります。

武之心の場合は、今この瞬間に一番有名な全部手作りの起業したばかりのおにぎり屋、というところまで絞らないといけないけど、とにかくNHKの全国ネットで放送した瞬間は「日本で一番有名なおにぎり屋」になってたのは間違いないと思います。

 とにかく対象を細かく絞る。そうすれば誰でも日本一になれる。

これは僕なりの体験から導き出した法則なので、絶対に間違っていない自信があります。

  ※  ※  ※

僕がどうやって「誰でも日本一になる法則」を見つけ出したのかというと、その昔、友達と2人でアニメ会社を経営していた時まで遡ります。

当時はとにかく毎日みんなボロボロになるまで働いていて、夜の12時に「オレ終電だからもう帰るわ」というと、相棒から「え〜!? もう帰っちゃうの?」と言われ、明るくなるまで働くのがフツーみたいな状態でした。

そんなシンドイ中、人が増えてきたので2つ目のオフィスを借りる事になり、その際、どんな椅子を買おうか2人でちょっと考えたのです。

アニメーターは一日中椅子に座っている仕事です。だから椅子にはこだわりたい。

当時、どこのアニメ会社もあんまり良い椅子は使っていないけど、僕達は頑張って少し高級な椅子を買う事にしました。見た目もちょっと気にしました。

高級、といっても何十万円もする椅子は買えません。相棒が頑張って、十数万円の椅子を7〜8万円ぐらいで手に入れてきました。背もたれが高くてメッシュで赤い回転式の椅子です。そして、みんなでその椅子を組み立てている際に、僕は気付いたのです。

 なあ、他のアニメ会社でこんな良い椅子使っているところ、他にあるかな?

と僕が言うと、相棒は、

 いや、こんな良い椅子を使っている会社は1つもない

と断言しました。僕は続けます。

 だったらさ、オレ達、日本で一番いい椅子を使っているアニメ会社って事にならないか?

相棒は返します。

 そうだな、確かにそうだ。
 オレたち、日本で一番いい椅子を使っているアニメ会社を作っちゃったよ。
 日本一なんて簡単だな!(笑)

相棒はいつものように「はっはっはっ」と乾いた大きな声で笑います。

 「日本一いい椅子を使っているアニメ会社」

その言葉に、対外的なメリットは何もありません。でも僕たちは楽しくなり、気分が良くなり、救われました。

「日本一」。その言葉には希望があります。その称号を自分達で思いついた時、僕はそれまでの苦労が報われた気がしたのです。

他人にとってはどうでも良い日本一かもしれません。でも、この赤い椅子を買い増すために、徹夜が何日か増えても構わない。そう僕は思ったのです。

 日本一には誰でもなれます。だからみんなに挑戦して欲しい。

そして今日、「日本で一番有名なおにぎり屋」になった武之心。もしかしたら家入さんに続くヒッキーの希望の星になったのかもしれないなと思いました。

武之心が出演していたハートネットTVの再放送は、2014/5/26(月) 13:05〜 NHK Eテレにて。