#ヒッチハウス Project 18日目:夜な夜な #起業ハッカソン の大団円

ヒッチハウスしながら知り合いのシェアハウスでイベントを開催するという斬新すぎるコンセプトで始まった夜な夜な起業ハッカソン。4月18日(金)、ついに最終日を迎えました。思えば5日間、物凄く濃くて長くて短かった。

毎日夜の9時スタート。そこから1時間ぐらい講師の方の話を聞いて質疑応答。その後、更に色んな話が飛び出して、終わるのが午前1時とか2時。そして翌朝、仕事場に直行、みたいな日々。普通は有り得ないけど、有り得ない事をするのが起業だったりするので、こういうハッカソンも有りなんでしょう。

起業ハッカソン集合写真
有り得ないといえば準備も同様で、こぐすんが「会社帰りに毎晩やるハッカソンってあったらいいと思うんですよね〜」とボソッとつぶやいたのがそもそものスタートで、どっか使える会場ないかな〜と思って、「市岡さんのシェアハウス使わせてもらえない?」って聞いたら即OKで、物件探しの打ち合わせに来たミナモトさんに「一緒にやりませんか?」と聞いたら、これまた即OKで、講師の方々もイベントの内容も参加者もハッキリしてないのに快諾して下さって。

準備期間3日ぐらいで、すぐイベント開催日、しかも毎日面白くてたまらないっていう最高の日々でした。「早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け」というアフリカのことわざがあるそうなんだけど、今回はみんなで超特急に乗ってしまったようなもんです。

とても無料イベントとは思えない内容で、この5日で出来る事は大体やりきったと思います。僕は仕事の関係で5日のうち3日しか参加できなかったけど、なんかもう忘れられないような体験になりました。

起業ハッカソン:お泊りポーズ
そして迎えた最終日の内容は、まず最初に起業ハッカソンで良かった点、悪かった点の洗い出し。

●良かった点
 ・メシウマ
 ・同じジャンルの人と会えた
 ・全く違うジャンルの人と会えた
 ・泊まれる
 ・別のシェアハウスの人と会えた
 ・仕事が終わってから参加できるイベントがなかなか無いので良かった
 ・メラメラしている感じが良かった
 ・距離感が近い
 ・0円でイベント出来た
 ・3日でイベントが出来ると分かった
 ・5日間連続でイベント出来た
 ・おにぎりが良かった
 ・専門的な用語に触れられた
 ・起業した年上の人と話す機会が持てた

●悪かった点
 ・人数のブレがありすぎ(7人が最適)
 ・告知が難しい
 ・眠い、仕事に差し支える
 ・参加ルールが伝わっていない
 ・開始時間がルーズ
 ・平日だと予定があわない
 ・「起業家」ハッカソンにした方が良かった

最終日には各自何かアウトプットしようという話だったのですが、みんな準備する時間が全然無かったので、次に起業ハッカソンをするとしたら、どんな風にしたら良いだろう、というテーマでディスカッション。これはそのうち実現させるので、今は公開しないでおきます。今回行けなかったから次も開催してくれっていうリクエストもいくつか届いているし、突発的にやってここまで出来るって分かったので、次はちゃんと計画立ててやったらどこまで出来るかベンチマークしたいです。

そして一番の収穫は、毎晩一緒に泊まれるぐらいの熱い仲間が出来たという事。知識は本でもネットでも得る事ができるけど、仲間は実際に集まって行動しないと得る事が出来ない。そんな簡単な事が物凄く良く分かった5日間でした。本当にお疲れさま〜!

起業ハッカソン:終了

 
 
—ヒッチハウスProjectスローガン—

世界を見よう
もっとお互いを知ろう
それを、あなたの自宅で

僕を泊めて、面白い体験をしてみませんか? 自宅に居ながらにして世界の色んな話が聞けますよ。
4/23(水)の宿泊先が決まっておりません(^^; どなたか宿主になっていただけませんか?
facebookTwitterで連絡下さい。お待ちしています。
宿泊のスケジュールはヒッチハウスカレンダーで公開しています。
ヒッチハウスって何? という人は、こちらをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました