#ヒッチハウス Project7日目:真中さんと肉の大山のメンチカツを食らい美声に酔う

真中了さんと
以前一緒に仕事していたナレーターの真中了さんの家に泊めていただきました。ちなみに真中さんは水樹奈々の事務所の先輩です。と書くと喰いつく人がいると思うので、とりあえず書いてみます(笑)

まずは御徒町で待ち合わせして軽く一杯、という事で、明るいうちから肉の大山というお店へ。メンチカツが有名という事で、「やみつき」「特性」「匠」の3種類のメンチカツを食べ比べ。安くてうまくてボリュームあります。味を知りたい人は自分で食べに行ってね☆

肉の大山
それにしても御徒町から上野にかけての界隈は、明るいうちから飲んでるお客さんで盛り上がっています。こっちも負けじと明るいうちから飲まずにはいられません。夕方の5時でも出遅れ気味。仮に暗くなってから行ったのでは完全に出遅れで恥ずかしくなってしまうこと請け合い。

その後は真中さんのご自宅にお邪魔して、奥様も交えてまた一杯。じゃなくて、出されたウイスキーが美味しくて、ストレートでガブガブ飲んで、最後はつぶれるようにして布団に入らせていただきました。

話の中身は業界の噂話と、バツイチ話と、あと、僕が昔ちょっとだけヒッキーしてた時の話なんかで全部で5〜6時間ぐらい盛り上がってました。つもる話も楽しいし、あの声で話しかけられると、いい気分になります(^_^)

真中さんと毎日一緒に仕事をしてたのは、計算すると4〜5年ぐらい。もっともっとずっと長いこと一緒に仕事していたような気もするけれど、それは若かったせいなのか、それとも濃い日々だったせいなのかなぁ。