#ヒッチハウス Project12日目:大久保4畳半ArtNight

12日目(4/4)の宿は、お笑い芸人で絵描きのキッシーの家に泊めていただきました。

キッシーと

キッシーの家は大久保駅徒歩5分、新大久保駅からでも8分という交通至便な場所にあります。4畳半でなかなかボロいけど、家賃は水道代込でたったの2万8千円。そんじょそこらのドミトリーのシェアハウスよりも安い、凄い家です。

安くてボロい家に住むという事は、その分だけ家賃の為に働かなくて済むという事です。これがどれぐらい重要かは、体験した人にしか分からないでしょう。ただし、広いキッチン、お風呂、温水便座式トイレなどなど、失うものも色々ありますが。

carlo rossi
carlo rossiというワインを飲みながらキッシーと話したのは、アートの捉え方について。キッシーは言います。

 アートというのは、作者の手を離れた後は、誰もが自由に解釈してよい

と。例え作者が思っているのと全然違う解釈をされても、それは構わない、と。それがキッシーの考えるアートの自由さであり、良さのようです。普段、自分の考えている事を正確に表現して伝える事ばかり腐心している自分とは正反対の考えで、ちょっと衝撃です。

ついでにキッシーの名言をもう1つ。

 人生はキャンバス。誰もが自由に表現できる

どうでしょうか? 絵描きらしい言葉だと思います。

キッシーの額縁
これはキッシーが手作りした額縁。ポップでキュートだと思います。これだけ売ってもいいのに、と思うような出来栄え。ちなみに中の絵もキッシー作です。

キッシーの額縁の細部
細部はこんな感じ。石膏で作ってあります。

キッシーの部屋には自作の100号の絵や祖父の絵が飾ってあり、僕らはその絵を見上げながら眠りにつきました。4畳半だから狭いという事はなく、2人が寝るには十分な広さでした。

翌朝、なぜか2人ともナインステージに行く予定があったので、2人で一緒に大久保駅から電車に乗りました。


—ヒッチハウスProjectスローガン—

世界を見よう
もっとお互いを知ろう
それを、あなたの自宅で

僕を泊めて、面白い体験をしてみませんか? 自宅に居ながらにして世界の色んな話が聞けますよ。
4/14(月)の宿泊先が決まっておりません(^^; どなたか宿主になっていただけませんか?
facebookTwitterで連絡下さい。お待ちしています。
宿泊のスケジュールはヒッチハウスカレンダーで公開しています。