#ヒッチハウス Project11日目:ワンフロア使い放題の家に泊まる

ヒッチハウスをしていると、人間の意外な一面に出会う事があります。というより、意外な一面に出会う為にヒッチハウスをしている訳ですが、この日(4/2)泊めていただいた萩生田さんも、そんな一面を持つお方です。

萩生田さんと

萩生田さんは某テレビ局で長年一緒に仕事をしている先輩ディレクターです。普段寡黙な方なのですが、僕のfacebookに「困ったらうちに泊まりに来てもいいよ」っぽい事を書いてくれていたので、予めヒッチハウスのお願いしておいたのです。そして「今晩大丈夫ですか?」とメッセージしたら「本当に来るんですか?」とのありがたいお返事が……。

僕はその後、

「何にもいりませんので、どうかお願いします」
「メシ、フロ、布団、全部なくて大丈夫です」

と立て続けにメッセージして、なんとか承諾してもらったのでした。

迷惑ってかけられる方も覚悟がいると思いますが、かける方も覚悟が要るんだなと気付きました。という訳で、また1つ、僕の迷惑力がUPしました(^_^)

その後、小田急線の某駅で待ち合わせして、まずは萩生田さん行きつけのお好み焼き屋さんで一杯。萩生田さんはかなりの常連らしく、店員さん全員どころか4代前の店長まで知り合いという事で、お店の中で一番偉い人になっています。

僕は泊まり勤務の後なのでサワー1杯で早々に酔いが回ってきます。酔った勢いでしていた話は、いかにして女の子を口説いて楽しい夜を迎えるかという男子一生のテーマ。というよりは、男も女もLGBTも立場が違うだけで人類共通のテーマかと。お互いのあんまり公開してないような話をして、その後、別の居酒屋にも行ったけど、もはや記憶がありません。

タクシーに乗って萩生田さんの家にたどり着くと、そこは2階建ての一軒屋。萩生田さんは、基本的に2階で生活しているので、1階は自由に使って良いとのこと。ちなみに1階には僕が泊まる和室、リビング、キッチン、風呂、トイレなどがあります。これ、全部使いたい放題との事。ただ酔っ払ってヘロヘロで、有効活用できませんでした……。

ちなみに、なぜか2階には立ち入ってはいけないそうです。恐ろしや〜(^_^)

●今回の気付き
・迷惑をかける方にも覚悟が要る
・ヒッチハウスでワンフロアまるまる借りられる場合がある
・2階に立ち入ってはいけない家もある

—-ヒッチハウスProjectスローガン—-

世界を見よう
もっとお互いを知ろう
それを、あなたの自宅で

僕を泊めて、面白い体験をしてみませんか? 自宅に居ながらにして世界の色んな話が聞けますよ。
4/5(土)の宿泊先が決まっておりません(^^; どなたか宿主になっていただけませんか?
facebookTwitterで連絡下さい。お待ちしています。
宿泊のスケジュールはヒッチハウスカレンダーで公開しています。