Notice [8] Array to string conversion in /home/kusanagi/dtv/DocumentRoot/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/admin/aioseop_module_class.php on line 182
Notice [8] Array to string conversion in /home/kusanagi/dtv/DocumentRoot/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/aioseop_class.php on line 4130

【イベント】ボッチ、ニート、ヒッキー、そして社会起業家のための「 #豊かな月3万円生活 」スタートアップ会議

「 #豊かな月3万円生活 」スタートアップ会議のイメージ

森永卓郎さんが「年収300万円時代を生き抜く経済学」を出版したのは2003年。あれから10年。今、「年収200万もあったら、そこそこ楽しく暮らせちゃうなぁ」という人が沢山出てきました。

実際、シェアハウスに住んで車も持たず服はユニクロで飲み会は宅飲みすれば、十分楽しく実現可能な生活です。

でも僕がいま考えているのは、その一桁下の年収30万円とか60万円の生活です。つまり、月収3万とか5万円の生活です。

「私は月3万円あったら十分生きていける」

僕は、そんな女の子に会った事があります。食事は人におごってもらい、寝る場所は誰かの家を泊まり歩く。メインの支出は携帯代と交通費で、確かに彼女の生活に必要な金額は月3万円で十分でした。

なかなか普通の人には出来ない生活ですが、でも、ちょっと考えてみて下さい。「家と食料」さえあれば、誰でも月3万円で十分楽しく生活できると思いませんか?

月3万円だったら、家に引きこもってブログを書いても、週1回コンビニでアルバイトしても稼ぐ事ができます。世の中生きにくいなぁ、と思っている人でも、心や体にハンディキャップを持つ人でも十分なんとかなる金額です。ここに社会起業のヒントがある気がしています。

そして、残った時間は自分の可処分時間なのです。

可処分所得より、可処分時間。

発想転換の先に、豊かな生活が待っているような気がします。お金を払って良質なサービスを受けるより、時間を使って良好なコミュニケーションを維持した方が、より楽しい人生に確率が高い気がしています。

さらに言うと、収入を上げる事は特定の人にしかできませんが、支出を減らす事は知識と勇気があれば誰にでも出来ます。

今回の会議では、どうやってそういう生活を実現させるのか、僕が3ヶ月ほど #ヒッチハウス などを通して思考実験してきた結果を元に、みんなで考えていけたらと思います。

会議には「シェアタウン構想」「弱さは希望」を唱える、いばや共同代表の坂爪圭吾さんも参加してくれます。きっと普通ではないぶっ飛んだ意見を出してくれると思います。

終電が気になる方は、3名までお泊まり可です。
またSkypeのようなビデオ会議ツールを準備するので、遠方からの参加も可能です。

基本的に「一緒に考える。一緒に行動する」スタンスでお願いします。
会議の冒頭で、僕が簡単にプレゼンしますが、後は基本的にフリータイムです。

【正式名称】
  #豊かな月3万円生活 スタートアップ会議

【開催日時】
 6月7日(土) 20時00分〜22時00分

【開催場所】
 シェアハウス「ナインステージ」
 最寄駅:東陽町、住吉。清澄白河、錦糸町からバスもあり
 東京都江東区南砂1-10-11-3F
 http://9stage.jp/access/

【参加表明】
 事前予約制です。メール( uchida@mediaengine.jp )、facebookイベントATNDから参加申請をお願いします

【参加費用】
 食事代1000円(持ち込み歓迎)

【遠隔参加方法】
 参加表明していただいた方に個別に連絡します

【問合せ先】
 メディアエンジン有限会社 内田まで
 uchida@mediaengine.jp
 https://www.facebook.com/tsutomu.uchida
 TEL 03-6869-0268