#ヒッチハウス Project 3日目の3:BAR103でヒッチハウス誕生秘話を語る

なんと! プロジェクト3日目にしてお呼ばれして、講演(というと大袈裟)してきましたよ!

BAR103
南青山にあるBAR103という場所で毎週開催されているトークイベントにスピーカーとして参加させていただきました。テーマはもちろん、ヒッチハウスプロジェクト! スタート3日目にして初の快挙です(笑)

ヒッチハウスkeynote
トーク開始まで2時間あったので、マンガ喫茶に入ってKeynoteで軽くスライド作りました。やっぱり書くと考えが少しまとまります。しかし、いつまで経ってもKeynoteは使いこなせないなぁ。

イベント終了後
話をしている中で出たのが、このプロジェクトのゴール。いつまで続けるのか? そのためには、ちゃんと目標を設定しないといけなくて、なんとなくの目標はあるけど、そこにたどり着くまでのマイルストーンが今はまだ描けていません。むむむ。どう設定しよう。あと期限も考えないとね。

去年、武雄市の図書館で立ち読みした表紙が緑色の本に、

 「このままだと旅をしているだけで人生が終わっちゃう

という文言が書いてあって、ドキッとした記憶があります。確か地域活性関連の本だったはず。僕もヒッチハウスしているだけで人生が終わらないように、ちゃんと考えよう!

BAR103:カリモクのソファ
そんな訳で、夜9時半から朝6時半まで9時間ずっと話続けて、その後カリモクのソファで熟睡させていただきました。プロジェクト初のソファの寝心地はなかなかでした。

追記:ちなみにこの日は、おーたにさんの「最近、家が無い奴が増えてきたな〜」という発言の通り、家のロスト率50%っていう凄いメンバーが集まっておりました。

そして帰ろうと思ったら、表参道の駅にこんな広告が。

すべての人生が素晴らしい、とは思わないけど

 ゴールのないレースはない。
 だけど。
 それはどこにある?
 そのゴールはだれが決めた?
 なんのために走っている?

 きみだけの人生を走れ。

すべての人生が素晴らしいと僕は思わないけど、このタイミングでこの広告に出会えた事に感謝して電車に乗りました。It’s very nice day!

タイトルとURLをコピーしました