映画「アリー スター誕生」を観た

きのうはレディ・ガガ主演の「アリー スター誕生」という映画を観た。僕はてっきりガガの自伝的ドキュメンタリー風映画なのかと思ったら、全然違った(笑) スタア誕生のリメイクという事だけど、まぁ売れない場末シンガーだったガガ自身に、ちょっと重なる部分はあるかな?

アリー スター誕生

で、オープニングの演奏シーンがもう格好いい。僕は全然知らなかったんだけど、ブラッドリー・クーパーって俳優さんが、監督・主演・演奏してるのね。自分の出演シーンだから、そりゃ格好良く撮る訳だけど、それにしても凄い。

そしてガガの歌唱シーンはやっぱり圧巻だ。この映画、ブラッドリー・クーパーが歌うシーンはカメラワークとかカット割りとか凄く凝ってるんだけど、ガガが歌う時は至ってシンプル。それだけで十分に持つ。エンディングのシーンは、特にそれが際立っている。ストーリーも余分な展開がなく、音楽映画としてミニマムにまとまっていて気持ちいい。

製作面ではLIVE NATIONが絡んでいて、映画だけじゃなく、楽曲販売、興行など、様々な面で資金を回収していくんだろうなぁと容易に想像できる。こういうのが新しい形の音楽の作り方なんだろうね、きっと。

今回は川崎のチネチッタで観たんだけど、デカイ音でガンガン鳴らしてくれて、音響も良かった。いい仕事してる! この映画も劇場で観る価値がありますよ!