時が止まった家

石川県にある繭子さんのお婆ちゃん家は時が止まったような空間だった…。

繭子さんのおばあちゃん家の夏

盆と正月は一族郎党が集まり、みんなで雑魚寝。子供達は海で泳ぎ釣りをし夜はトランプと将棋と花火。大人は酒とBBQ。釣れたその場で捌いた魚は極上の味。そして冬は餅つきらしい。THE昭和な夏。

うちは両親とも埼玉なので、田舎に帰る有り難みみたいなものは別段無かった。離れてなかなか行けない場所にあるから貴重に感じる。まぁ田舎の人にとっての都会も同じかもしれないけれど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ad