週休3日にして2週間で大きく変わったこと5つ

2015年3月29日からテレビの仕事を週休3日体制にしてもらいました。そうしたら思った以上に人生が変わってきた気がするので、忘れないように現状をメモしてみます。

南千住駅前の歩道橋

1:本当はこうしたいのに…と思っていた事が、できるようになってきた

 例えば週に1度の軽い運動、日々のメールのチェック、読書、細かな雑用など、本当はやった方がいいのになかなか出来ていなかった事が、出来るようになってきました。今まで重かった腰が、すぐにあがるようになってきた感じです。

2:ストレスが減った

 なんとなくですが、イライラが減り気持ちが前向きになりました。徹夜は週に2回しているので、それなりに体は疲れているはずですが、グッタリしている感じがなくなったのが大きいのかもしれません。同時に頭がスッキリしている状態が続いています。

3:集中力が上がった

 番組のスタッフルームにいる時間が短いからでしょうか、テレビの仕事をしている時の集中力が上がりました。いや、仕事以外の各種作業も集中力が上がった気がします。ダラダラ何かをする事が減り、時間を効率的に使えるようになりました。

4:運気が良くなった?

 自分としては建国作業が今一番大事な事なのですが、風向きが変わったというか、運気が良くなったというか、急に色んな話が舞い込んで来るようになりました。時間に余裕ができて、人と会う時間が増えたせいもあるとは思いますが、不思議です。

5:本当にやりたい事、やるべき事をやるようになった

 細切れではなく、まとまった時間が取れるようになったので、時間をかけてジックリ取り組むような事が出来るようになりました。すると、本当にやりたい以外の事に対する興味が減りました。細切れの小さな満足よりは大きな満足に対する興味が増しました。週休3日になる代わりに収入もだいぶ減っているので、そちらの方からのプレッシャーもあるのかもしれません。

自分の中では、5の「やりたい事、やるべき事をやるようになった」というのが一番大きいです。やっぱり何かの為に1日フルで使えると、考え方も変わってくるのだと思います。このペースでしばらく頑張れたらいいな。

タイトルとURLをコピーしました