幸福の科学の映画最新作「世界から希望が消えたなら。」を観てきた

今日はいつものサブカル好きのメンバーで幸福の科学の映画最新作「世界から希望が消えたなら。」を観てきたよ〜。場所は丸の内TOEI1。

サブカル好きのいつものメンバー
サブカル好きのいつものメンバー

例によって大川隆法総裁の自伝的映画。脚本は、大川咲也加副理事長(長女)。監督は「教師びんびん物語」「GTO」の赤羽博。主人公の妻役に、さとう珠緒。どこまでも主人公についていく秘書役に千眼美子。そして総裁本人もカメオ出演。だが、今いちパンチに欠けて今回は消化不良だった。

理由は2つ。

YouTuberに転身した長男・大川宏洋氏が不在だった事。「さらば青春、されど青春。」ではイケメンかつ演技も良かったので、逸材だと思ったのに(総裁が妬み追い出した説あり)。そして宏洋氏が居なくなってしまったため、各種教団史を修正せねばならず、そこに映画のパワーを使ってしまった事。

返す返すも宏洋氏が居なくなってしまったのが痛い。今後の教団の映画に期待できなくなってしまった。。。