「ルールが無い」というルールを作り共有する

この間知り合いになった人から「最近うちのシェアハウスに、意識の高い人が入って来たので困っている」という話を聞いて「それ分かるわ〜!」となった。

どういう事かというと、その人の住んでいるシェアハウスは多少雑然としているのだけど、それは、みんなが許容できる雑然さと、掃除や片付けの手間のバランスが取れた状態での雑然なのであって、ただ適当に散らかっているのとは違う「調和の取れた雑然」が維持されている状態になっていたのだそうな。

ところが新しく入って来た意識の高い人(以下、意識高さんと呼びます)は、家はもっと片付けるべき、綺麗にピカピカにすべき、という感じの人で、そのために掃除当番やルールを作りたがる人だったのです。

これはそれまで長い時間をかけて作られてきた「調和の取れた雑然」を乱す行為なのですが、意識高さんは既存住人の面々が堕落していると感じてしまい、その状態を受け入れがたいのです。事実、堕落はしているのですが、それは「生活の知恵」とでもいうべき堕落なのに、それが分からないんですよね。

ホテルのように綺麗な部屋は、ほぼみんな歓迎だと思うのだけど、シェアハウスの場合は基本的には自分たちで掃除や片付けをしないといけない。そのために毎日何十分も時間を使うのだとしたら、本末転倒だと思うのです。掃除業者を入れているシェアハウスもあるけれど、それは確実に居住コストに反映されるし。

そして「調和の取れた雑然」は明文化したりルール化されたりする事は、まずありません。なぜならば一緒に住んでいる事そのものが、ルールを作り共有するという行為だから。後から入ってきた人は、それが分かりにくいから、お互いにちょっとした配慮が必要なのだけど、そこが上手く行かなかったのかな〜と。

こういう場合は「きれいに片付けたいのは意識高さんの個人的主張なので、どうぞ好きなだけ片付けて下さい。ただし、他人にそれを押し付けないでね」というのが正しい解決策なのだと思う。もちろん、放っておけば、どんどん物が増え汚れ散らかっていくので、どこかでそれをリセットするために大掃除をしたり、ルールを改定したりする必要はあるのだけれど。

僕は4軒シェアハウスを運営していて、作っているルールは、

・性善説
・我慢しないで思った事は言う
・禁煙
・ゴミ出しの当番

ぐらいで、それ以外は基本的には住んでいる人の自主性(という名の曖昧な状態)に任せてあります。

面白いもので、ほぼ何も決めないでスタートしているにもかかわらず、家ごとに違ったルールが芽生え育ち共有されていきます。住む人によって心地よく感じるルールが違うので、押し付けない方が逆にいいんですよね。まぁこの辺は、複数の物件を運営してみて初めて分かった醍醐味でもあるし、新しく入ってきた人が戸惑わないようなルール作りをするのが、運営者としての役目なのかなと。

ただ、住む人も増えてきて短期滞在の人も多くなってきたので、そろそろ簡単なルールブックでも作ろうかなぁと。あと、うちのシェアハウスではお掃除歓迎ですので、そこのところお間違えなく。

写真は MeetTheWorld池袋 の冷蔵庫。泊まりに来た誰かがメッセージを書いたら、どんどんメッセージが増えて収集がつかなくなってそのまま放置してあります。

建国への道その4:シェアハウスとの出会い

「経済的に安定した独立国家を作る」というのが、自分の中・長期的な目標なのですが、いったい何をやろうとしているのか、どうやって実現しようとしているのか良く分からん、という人も多いと思うので、その辺の事を少しずつ説明していきたいと思います。

その1:原点」、「その2:気付き」、「その3:自給自足との出会い」に続く4回目は「シェアハウスとの出会い」です。少し具体的になってきましたが、確信に至るのはまだまだ先です。

  ※  ※  ※

2012年7月末、東京都練馬区に40室の大規模シェアハウスがオープンしました。x-gardenという名前で、起業家向けのコンセプト型シェアハウスという事でした。当時、新規事業の構想を練っていた僕は、オープンとほぼ同時にそのシェアハウスに入居しました。同じような起業家が集まる家に住めば、新規事業のアイデアが色々湧いてくるだろうと思ったのです。

初めてのシェアハウス生活は実に楽しいものでした。詳細は省きますが、結局、僕は新規事業のアイデアを練るよりも自分でシェアハウスを運営したくなり、わずか半年でそこを出て、自分でシェアハウスの運営を始めてしました。

シェアハウスの良さは色々ありますが、この時に気づいたのはシェアハウスというのは物を共有(シェア)する機能よりも、人と人がつながる機能の方が遥かに重要だという事です。言ってみれば時間と空間と一緒に共有しているような状態なのです。

様々なバックボーンを持つ人たちが、1つ屋根の下で少しずつつながり、お互いにゆるく柔らかく助けあいながら生きていく。そこでは、1人で生きていかなくてもいい。むしろ、他人と積極的に触れ合う事によるポジティブなフィードバックがうまく機能していました。

誰かの為に何かをすると、それが良きにつれ悪しきにつれ全部自分に帰ってくる。都会では失われてしまった地域のコミュニティのようなものが、そこでは実に活き活きと存在していました。リアルSNS的な世界がそこに構築されていく様を僕はまざまざと見たのです。

また、シェアハウス内では、独自のルールを作り運営する事が出来るという事も気がつきました。僕が住んでいたのは「起業」がテーマのシェアハウスでしたので、隣で食事をしている人に突然、事業のアイデアについて意見を求めたり、夜の12時にみんなで集合して会議スタート、なんて事が普通に行われていました。シェアハウスは1つの独立した共同体なので、世間とはちょっと違ったルールが成立するのです。

「世の中全員に適用する事は難しいけれども、一部の人の間では実にうまく機能する」というようなルールを独立した共同体で運用できれば、生活は実に快適になります。僕は自分のシェアハウスのルールを性善説に基づき構築し、それなりにうまく機能しています。ある種のユートピアを作れる可能性がそこにあるのではないかと思うようになりました。

続く