彼女は、それでもピアノを弾いていた

六本木にスイートベイジルという大人向けのライブハウスがあって、もうすぐ閉店しちゃうというので行ってきました。その日の演目は岡本真夜さんの19周年コンサート。ピアノとギター(orチェロ)のアコースティックなライブでした。

スイートベイジル
今回はスイートベイジルに行くのが目的なので、僕は彼女の事はあまり知りません。誰かがカラオケ(滅多な事では行かない)で歌っているのを聴くぐらいです。

一応、予習はして行ったのだけど、半分以上の曲が分からなくてぼんやり聴いていました。岡本さんは限られた時間の中で少しでも沢山の歌を聴いて欲しいようで、あまりしゃべる事もなく、ひたすらピアノの弾き語りを続けていきます。彼女の人柄なのでしょう、素直なテーマで素直なコード進行の曲が多く、芸術には若干の狂気が必要だと思っている僕には少し物足りません(ファンの人ごめんなさい)。

  ※   ※   ※

STB139
そんなコンサートの中盤、彼女は手を止め、穏やかに自分の決意を語り始めました。

「20周年に向けて頑張っている事がある。ピアノのインストのCDを出したい。だから今、一生懸命ピアノの練習と作曲をしている」

そしてインストゥルメンタルでピアノを弾き始めました。僕はその曲を聴きながら、彼女がインストのCDを出す意味について考えました。

元々はピアニスト志望だったという彼女。若い頃は彼女の歌が毎週のようにチャートを賑わせていた時代も結構ありました。提供してヒットした楽曲も沢山あります。

でも正直、そこまでピアノが上手い訳でもない。今から一生懸命練習しても、限界がある。それに、今どきCDを出したところで、そんなに沢山売れるわけでもない。それは即ち、かつてのように沢山の人には届かないという事を意味しています。

だけど、それを分かった上で、それでも彼女はピアノを弾きます。静かに、時に情熱的に。小さいけれど、ホールの観客の視線を一身に集めながら。彼女の秘めた気持ちが運指を通して伝わってくるような気さえします。

別に芸術的な演奏というわけでもない。でも、小さな一体感に、その瞬間、包まれていた気がします。少なくとも、自分の中では。

  ※   ※   ※

ピアノインストのCDを出すこと。それは、彼女が元々抱いていた夢なのかもしれないし、常に新しい事にチャレンジしたいという表現者としての性みたいなものなのかもしれません。もしかしたら今までの自分の人生に不満があるのかもしれない。そこは僕には分からない。

ただ、素直な人だから頑張れる。諦めないから続けられる。そんなしっとりとして、それでいて爽やかな生き方があるんだな、と。

うまく説明できないけれど、そんな彼女の姿勢に僕は少し惚れて、真っ直ぐには家に帰らずにグラスを傾け直したのでした。

#ヒッチハウス Project 27日目:お好み焼きの夜

27日目(5/10)は、2人でお好み焼きを食べました。

ヒッチハウス27日目のお好み焼き1
ヒッチハウス27日目のお好み焼き2

2人で食べるお好み焼きはうまいです。

ヒッチハウス27日目:ソファで寝る
夜2時まで話した後、ソファで寝かせていただきました。飲んでないのに顔が赤いなぁ。何でだろう?

翌朝、朝日で目が覚めました。
余り物で目玉焼きとか作ったけど、見た目が綺麗じゃなかったので省略。

 
—ヒッチハウスProjectスローガン—

世界を見よう
もっとお互いを知ろう
それを、あなたの自宅で

僕を泊めて、面白い体験をしてみませんか? 自宅に居ながらにして世界の色んな話が聞けますよ。
現在5/15(木)の宿泊先が決まっておりません(^^; どなたか宿主になっていただけませんか?
facebookTwitterで連絡下さい。お待ちしています。
宿泊のスケジュールはヒッチハウスカレンダーで公開しています。
ヒッチハウスって何? という人は、こちらをどうぞ。

その昔、印刷機は革命ツールだった

なんか3Dプリンターで拳銃を作った男が逮捕されたそうで。
まぁこれも「予測可能な未来」なので、どんどん処理して世の中の経験値をためていけば良い話なのだと思います。

少々興味深いのが、この男の主張で、

「弱い人、女の人などは特に、武道をやっても男の人に銃でもない限りは勝てるわけない。銃を持つべきだ」「銃を規制する社会に対する挑戦と武装の自由化のためです」by TBS
「銃を持つのは基本的人権」「銃は力をもっとも平等にする武器」by 東京新聞

など、何らかの思想を持ってやっている節がうかがえます。

これは現体制への変化要求で、突き詰めていけば、革命を起こしたい、という事になります。

革命、というのは男にとって実に魅力的な言葉です。

特に若い男の子は常に力不足、知識不足、経験不足。一方、世の中は脂ぎったガマガエルみたいなオヤジが牛耳っています。でも「オレが革命を起こす」という言葉は、それらの力不足をすべて補って余りあるものがあるのです。

最近は「世の中を良くしたい」とか反体制的じゃない方向性で使われる事も多いけど、構造は一緒です。

つまりは「3Dプリンターで革命を起こしたい」というメッセージを僕はこの男から受け取りました。

  ※   ※   ※

それとは別に、僕はつい最近、とある飲み会で「正しい火炎瓶の投げ方」を教わりました。その人は昔、学生運動をやっていたそうで、火炎瓶は気をつけて投げないと自分に火が燃え移っちゃうのだとか。

でも、そんな危ない方法を使わなくても、身近にある道具で革命を起こす事ができます。それは、印刷機やプリンターを使う事です。

印刷機は、ネットが普及する前は、具体的な革命ツールでした。自分の信じる思想を本やビラにして人に配るのです。

人に直接語りかけるという行為は「思想+体験」だけど、印刷物にしてしまうと、ほぼ純粋な思想を伝搬させる事ができます。すると、思想の伝搬がぐっと簡単になります。これは大きい。

という訳で、昔の人にとって、ガリ版刷りやコピー機やプリンターは火炎瓶と同じぐらい大切な革命ツールだったのです。まぁ今ならスマホ1台あれば、ネットを使って革命が起こせるかもしれないですし、実際にチュニジアやエジプトなんかではジャスミン革命が起きましたよね。

  ※   ※   ※

そして3Dプリンターの登場です。

印刷機やプリンターは思想を文字にして配布する事を可能にしてくれましたが、3Dプリンターは思想に形を与えてくれます。

「誰もが身を守る武器を持つべきだ」という思想を持った人が使えば、その思想をナイフや拳銃といった形にしてくれるのです。今回は銃だったけど、スマホケースやアクセサリーなんかは、もう既に自宅で簡単に作れる時代になっちゃっています。

大切なのは、これからは思想を形で表現する時代が来る、という事。

今までは思想を文章で表現していたけど、もうすぐ発想の転換を迫られる時代がくるのかな、と思います。

僕も苦手だから、なんとかしたいなと思います。

採れたてスナップえんどう

GWは娘と旅行、、と思ったら、元嫁が実家に連れていっちゃうそうなので、間隙を縫って一泊させました。

パンケーキを作る娘
パンケーキ
相変わらず言うこと聞かない我が娘でてこずります。とりあえず朝食はパンケーキ。

カブを間引き
今日はカブの芽が沢山でてきたので、ちょっと間引き。

スナップえんどう
採ってその場でスナップえんどうが甘くて美味しい。でも娘に不評だ。

#ヒッチハウス Project 23日目: モンスーンカフェがつなぐ仲

23日目(4/28)は、僕のテレビの仕事のお師匠さんの1人、金窓さんの家に泊めさせていただきました。泊まるキッカケになったのが代官山のモンスーンカフェでの再会なので、まずはそちらの話から。

モンスーンカフェ代官山:外観その日(4/22)、僕と金窓さんと再会するのが7年ぶりぐらい。代官山のモンスーンカフェに一緒に行くのは17年ぶりぐらい。ちょっとドキドキしながらお店の中に入ってみると、入口にあったはずの川が流れていません。店員さんに訊くと、管理が大変なので埋めちゃったんだそう。あ〜、もったいない。

モンスーンカフェ代官山:吹き抜け
当時最先端のお洒落スペースだった代官山モンスーンも、今となってはマッタリ落ち着いた場所になっていました。でもまぁ、昔通った店が残っているのは嬉しい事です。青山の外苑西通り沿いにあったSARAは1〜2年ぐらい前に無くなっちゃったらしく、少し寂しい思いをしたのです。

金窓さん&キッシーと
昔との一番の違いは、少しお金に余裕ができた事。食べたい物、飲みたい物を財布を気にせず注文できるのは幸せな事です。後は、お互いに子供が出来たり会社員じゃなくなったりしたけど、あんまり変わらないかなぁ。あ、隣に女の子が居ないのが一番の違いなのかも。この店に来る時は、とにかく誰かしら女の子が居たから。

そして今回はキッシーが一緒。忙しい中来てくれて、なかなか嬉しい。こういうクダラナイ事につきあってくれる仲間がいるのは大切な事です。

そいて昔話のついでに、お泊りもお願いしたのでした。

  ※   ※   ※

金窓邸
1週間後に遊びに行った東京都北区にある金窓さんの家は、3階建ての一軒家。天然木と漆喰で作られた、仕切りの殆ど無い開放的な家です。家主の性格がよく出ています。

金窓荘二郎さんと
実はこの日、徹夜仕事の後に昼から飲んで仮眠して、夕飯は別の人と食べて飲んで、夜の12時すぎにまた戻ってきてから飲み直す、みたいなスケジュールで、何の話をしたのか良く覚えていないんです。足掛け12時間ぐらいは飲んでたでしょうか(^^;

ああ、NHKの女性の貧困を扱ったドキュメンタリーを一緒に観たのは覚えています。同じ作り手の立場からすると、ちょっと複雑な出来でした。

そんな訳で、この日の思い出はこれで終了。片方は家持ち4人家族。片方はヒッチハウスしながらのバツイチだけど、あまり変わらないような少し違うような。ただ、昔は良かったなぁと語り合う仲になっていなかった事だけは、本当に良かったと思いました。

 
—ヒッチハウスProjectスローガン—

世界を見よう
もっとお互いを知ろう
それを、あなたの自宅で

僕を泊めて、面白い体験をしてみませんか? 自宅に居ながらにして世界の色んな話が聞けますよ。
現在5/6(火)の宿泊先が決まっておりません(^^; どなたか宿主になっていただけませんか?
facebookTwitterで連絡下さい。お待ちしています。
宿泊のスケジュールはヒッチハウスカレンダーで公開しています。
ヒッチハウスって何? という人は、こちらをどうぞ。