クリスマスイブに、お別れしてきた

知らない人もいるかと思いますが、僕は独立国家を作るというプロジェクトを10年以上前から少しずつ進めていて、去年の春からは友人のツテで埼玉県秩父市に畑を借りる事ができ、実際に自給自足をベースにした国を作る実験をしています。秩父で始めたので秩父王国と名付けました。

建国見学会:集合写真
(2015年5月の建国初期の頃の写真)

その畑は、秩父鉄道武州中川駅から徒歩7分ぐらいの所にあって、大きさは50m x 25mぐらい。1年目は1/4ぐらい、2年目の今年は半分ぐらいの土地を使って、トマトや人参やパクチーや枝豆やスイカやトウモロコシやイチゴやキュウリやピーマンやジャガイモやカボチャや春菊やシシトウなどを育ててきました。今まで、のべ150人ぐらいがこの畑に来て作業を手伝ってくれました。

ただ、今年はあまり手入れが出来なかったし、来年も同じ事になりそうな気配があります。耕作放棄地だったら、それでも多少は許されるかもしれませんが、ちゃんと使える畑を放置しては、あまりにも申し訳ない。そこでお借りしている畑を、一旦返却する事にしました。分かりやすくいうならば、一時撤退というところでしょうか。

返却する前の畑
(今日の畑。育てているものは何も無い)

なにしろ、王国建設の始まりの地です。思い入れはタップリあります。そこで現地に行って軽くお別れをしてきました。クリスマスイブなのでちょっとセンチメンタルな例えをするならば、忙しくてあまり会えなかったので疎遠になってしまった末に別れてしまった恋人みたいな存在、といったところでしょうか。とにかく残念でなりません(別に恋人に例える必要はないけど)。

でも最近は手放す勇気も色々ついてきたので、ここが手放し時だと感じています。手放す事で、新しい何かが飛び込んでくるはずだと信じて手放します。今年は秩父城という拠点を作る事ができたので、全体としては一進一退という感じでしょうか。

来年どうするかは、年が明けてから、ゆっくり考えます。秩父城にも小さな畑があるので、家庭菜園は続けるつもりです。王国建設は、来年も続きます。

2016年11月の一番やばかった出来事

先月から復活したこの企画。
僕の場合、書いてまとめるのに4時間ぐらいはかかるのですが、やると人生が引き締まりますので、誰か一緒にやってくれる人を募集しています。ちなみに、元々は坂爪圭吾さんがやりだした企画で、今も(勝手に)続けているのは僕1人だと思う。

★ルール★

1:できるだけ全部の日の出来事を思い出す

2:でも思い出せなかったらしょうがない

3:その中で、一番やばかった日を決める

4:来月の野望を無計画に表明する

裏山ダムの雲海

という訳で、2016年11月の出来事

11/1(火) 板橋の僕と餃子の金曜日へ。この日は両手に華で幸せ
11/2(水) 僕の周りだけネット婚活ブームが来た
11/3(木) 祝日だった事に気がついた
11/4(金) 沖縄の古道「ヒジガービラ」を歩いてたら瑞泉の酒蔵に出会った
11/5(土) シメの山羊汁がうまかった
11/6(日) 11月なのに海に入って沖縄の踊りを見て、民謡居酒屋に行った。端的に言って全部良かった
11/7(月) とまこさんの「離婚してインド」を読んだ。良い本だった
11/8(火) 久しぶりに護国寺で仕事
11/9(水) 新小岩の自遊空間の33番ブースにiPhoneのケーブルを忘れてた
11/10(木) イケメンと写真撮ってた
11/11(金) シティファームDIY雑色の壁を作っていた
11/12(土) 秩父城でおでん食べておしるこ作って飲んで寝た
11/13(日) 朝は雲海。夜は、みんなで月見。ユカイ
11/14(月) 麻布十番でタマキさんのピザを食べた。新店はいつオープンなのかな?
11/15(火) 中野小屋で平日飲み会。これ以降、平日飲み会をすると終電で帰れないというジンクス発生
11/16(水) 来年、セトマー王国に行く事を決意
11/17(木) 池袋にあったセミシングルのベッドを粗大ゴミに出した。部屋が少し広くなった
11/18(金) 新小岩のカフェを新規開拓。ヘルシー。夜は秩父城に来たお客さんにメッチャ酒をおごってもらう
11/19(土) 卜沢さんたちが主催のSEX and the LIVE!!キックオフイベントに参加。マナダムとも初めて会う。二次会で聞いた駄目な夫を愛する人妻の話が良かったので、もっと聞きたかった
11/20(日) 雑色でりょうちんのお別れ会をした
11/21(月) 鎌倉ちょい呑みフェスに参加。なんだか盛り上がって、隣の席にいたカップルと写真撮ってるんだけど、なぜ盛り上がったのか全く思い出せない
11/22(火) 夢グループの仕事で「夢コンサート」を見る。歌はいいよね、やっぱり
11/23(水) 吉祥寺のハモニカ横丁で飲んで、中野小屋で飲んだ。そしてヒラりんとの出会いを詞にしてみた
11/24(木) 雑色にインド神さんが引っ越してきた。なおかつ山田優子ちゃんの誕生日だったけど、本人が帰って来ない不思議な誕生会をした
11/25(金) ころとろがゲストの二丁目ごはんBARが神回。りべるたんでの3次会も深くて幸せ
11/26(土) 麻布で秩父事件を扱った演劇を観て、新宿のバガボンドで飲んだ
11/27(日) 人工知能の勉強会に行った。うんちマンは日本発のグローバルコンテンツだと思った
11/28(月) Yahooが無料開放しているコワーキングスペースLODGEに行った話をfbに書いたら、なぜか140いいねついて、嬉しいんだけど謎
11/29(火) 鎌倉のたけのこ庵でムビラのライブを聴いた。雑念減らそう。そして平田さんは来たけど、ヒラりんは来なかった
11/30(水) この日も中野小屋だった。そして千住くんの秘密を知ってしまう。この日のヒラりんは、少し変だった

そして2016年11月の一番やばかった出来事は、11/6の「11月なのに海に入って沖縄の踊りを見て、民謡居酒屋に行った。端的に言って全部良かった」です。

沖縄の民謡居酒屋

3月いっぱいでテレビのレギュラーの仕事を辞めて以降、自分の中で何かが変わってきているのを薄々と感じていました。分かりやすく言えば、インタビューで人を会う機会が減ったので、その代わりに誰かと酒を飲む日が増えたり、刺激を求めて映画を観たりイベントに行ったりする回数が増えたと思います。

でも、その気になれば時間は作れるのに、何だかモヤモヤするばかりで、物事があまり前に進まずにイライラする感じが強まっていました(そして似たような事を時々言っている気もする)。「あれ、オレってこんなダメな奴だったっけ?」と自問自答してみても、特に答えが出るはずもなく。

そんな中、思い切って行ってみたのが沖縄旅行でした。

中学生の時に家族旅行で行った事はあるけれど、テレビの取材で全都道府県の中で唯一仕事で行った事がないのが沖縄県。それがちょっと悔しかったのと、あと沖縄音楽は割と好きだったので、一度現地の空気感で聴いてみたかったのです。

例によって知人を頼って(ありがとうございます)、1泊1300円の格安ゲストハウスに泊まってガイドブックに載っていない旅を満喫してきました。沖縄の古道や首里城も良かったし、泡盛は好きじゃなかったんだけど40度以上のものなら大丈夫と分かったし、平和祈念公園も色々考えたし、あ、ひめゆりの塔だけ行っておけば良かったかな?

11月に沖縄の海に入る

でも、何といっても海に癒やされた! まさか11月に海に入れるなんて! 遠浅で魚が一杯いて、ほとんど人がいなくて、何も無くて。ちょっとした秘境スポットでした。

それから、今回の旅は時間が結構あったので、色々な話が出来たのも良かった。お酒飲んでする話もいいんだけど、シラフで延々と話が出来るのも旅先ならではなのかなと。

沖縄に行ったお陰で気分転換になったし、話をして自分の現状把握が出来たので、東京に帰ってきてから色々と物事が動き出しました。

ずっと住んでるとまた違うみたいだけど、旅行で行く分には沖縄は良い所なので、現地での移動手段さえ確保できれば、また行きたい!

さて、12月の目標は「料理をする」です。最近全然やってないからな〜。頑張ろうっと!

人工知能と人間の将来が少し見渡せた

人工知能時代に生まれる仕事ってなんだろう
今日は「人工知能時代に生まれる仕事ってなんだろう」という勉強会に参加してきました。

僕が(今の)人工知能に興味を持っているのは、技術として純粋に不思議なのと、人間の存在を揺さぶっているからです。

今日得られた知見を一言でいうならば「人工知能に任せられる事は任せてしまって、人間はもっと他の事をしようよ」という事でしょうか。人間よりもトラックの方が荷物を沢山運べるように、人工知能が得意な分野で戦っても絶対に人間は勝てません。そしてそういう領域が現在急増中なのです。早急な切り分けが必要です。

未来において人工知能は多くの企業が活用し、人工知能を使っているだけでは差別化できなくなるでしょう。その時、差別化するのに必要になる能力こそが、これからの人間に求められるようになる能力のはずです。

そして、その能力とは人間が持つ本質的な人間らしさ。オモテナシだったり感情の起伏だったり創造性だったり身体性だったり。ヒューマンタッチというようですが、人工知能が普及する事によってこれらの価値が相対的に増し、より人間らしい暮らしが求められる時代が来るような気がします。

そういう社会が到来するのは、恐らくあと2〜30年後でしょう(パソコンが発売されてからiPhoneが発売されるまでが約30年です)。僕が生きているうちに体験する事になる訳ですから、これは楽しみです。

今回の勉強に参加した事で、おぼろげながら人工知能と人間が共存していく将来が見渡せた気がします。あとは趣味として人工知能のプログラムを試してみるか、人工知能を使った商売を始めるか、この辺について考える必要があるのかなと思っています。

あと人工知能とは関係ないけど自分の知らなかった知識としては、人口経済規模の定常化トレンドというのがあって、これも世の中の変化に大きく影響がありそうだな〜。

「よく分かる人工知能」を読んでシンギュラリティーの先を考える

人工知能は人間を超えるか」(松尾豊著・角川選書)に続いて、「よくわかる人工知能」を読んでみました。UEIの清水亮さんによる日本の最先端研究者との対談集です。2016年の現在進行系の業界の空気感がものすごくよく分かります。

よく分かる人工知能
読んだ中で一番衝撃的だったのは慶応の前野隆司教授が唱える「受動意識仮説」。

これはどういう事かというと、人間の意識というのは実は後付けで、既に起きた現象を後からつじつま合わせで説明しているに過ぎないというものです。

例えば、手を動かそうとした時、動かそうと思っている0.35秒前に筋肉に指示が出ているのだそうです。自分が指示して手が動いているように思うけど、実際は、意識するより先に手の筋肉が動いていて、それを「自分が指示して動いた」と後から認識して思い込んでいるに過ぎないというものです。

では意識とは何かというと、膨大な情報の中から取捨選択して記憶するための一種の情報圧縮過程なのではないかと。情報の山の中からエッセンスを抜き出すみたいなものらしく、それを脳の各部分が分散的に行っているというのです。さすがに膨大な生の情報は、そのままでは記憶できないですからね。

「意識とは何か」という事がおぼろげながらも分かってきたという事は、意識を人工的に作り出す事ができるはずで、本当に人間の脳のような物が作れる可能性が出てきた、という事です。

まずインテリジェント・オブ・シングス(intelligent of things)という全てのモノが知能を持ち、自律的に行動していく未来が10年後ぐらいに出現して、その先に人工知能が人間の知能を超えるシンギュラリティーがやってくる。しかもそんな遠い話じゃなくて数十年後です。

そうなると、最近よく言われるように人間の存在意義が問われる訳です。人工知能が人間を支配したり殺したりするんじゃないか、という事が良く議論されています。

この本を読んで僕が感じたのは、人間の脳というのは数十億年かけて進化してきただけあって、実に良く出来ている。ただ、人間の脳を真似ている範囲では、すごく頭の良い人間、例えばアインシュタインのような天才的な人工知能が生まれるにすぎなくて、その範囲では特にすごい何かが起きるような事はなさそうだという事です。

例えば Googleには物凄い天才が集まっているけれども、人類を恐怖に陥れたりはしないし、怯える必要もないのと一緒なのかなと。まぁGoogleの出現で失業しちゃう人は出ているので、その程度の事はある訳ですが。

それよりも、魚に足がついて陸上を歩き回ったり、羽が生えて空を飛んだりしたように、脳を超える何かがそのうちできて、人間、もしくは機械がより高い次元の生命体になって宇宙に進出し、宇宙をうめつくす可能性の方が高い気がするし、実際そういう未来がこの本の中で語られています。まるで生物が海から出て陸を覆い尽くしたように。

個人的に子供の頃からウオッチしていたコンピュータの世界も段々進歩が遅くなってつまらなくなってきたなと思っていたのですが、新たな興味対象が出来て良かったなぁと。しかもそれが実世界と直接結びついてくるので、これは面白そうです。

趣味でウオッチする範囲にするのか、仕事として取り組むのかは、まだよく分からないですが。

あと、脳の視床下部にある腹側被蓋野ってところを刺激すると、「必ず」目の前にいる人を好きになるらしいので、誰か一発で腹側被蓋野を刺激できるボタンを作って欲しいです。