進撃の巨人 20巻

進撃の巨人 20巻
進撃の巨人20巻 諫山創 講談社

ソトコトを買いに本屋に行ったら、たまたま発売日だったので、即購入。

最近はなんか話のテンポも深さも物足りなくて、進撃もそろそろダメかな〜と思ってたら、20巻は全然そんな事なくて、メッチャ面白かった。

やっぱり生死をかけた戦闘シーンでこそ、作者の日本語が生きてくるんだろうなぁ。

この後の展開が楽しみだけど、どうするんだろ?

「人工知能は人間を超えるか」を読んで:ディープラーニングが革命を起こす

https://www.amazon.co.jp/dp/B00UAAK07S/
人工知能は人間を超えるか

AlphaGoが人間のトップ棋士に勝ったあたりから、ディープラーニングに俄然興味がわいて、勉強を進めています(ちなみに人間対コンピュータの対戦は、8Bitマシンでオセロのプログラムを組んだ事があるくらい、昔から好きなテーマなのです)。

まず初めに言っておくと、この本は現在の人工知能を巡る入門書としては最適です。偏りなく公平に俯瞰して知識を得る事ができます。オススメです。

その上で、僕が一番面白いな〜と思ったのが、生物が「目」を身につけた事でカンブリア爆発が起こり生存戦略が圧倒的に多様化し脳が発達していったように、現時点では、ビッグデータが生物における目、ディーラーニングが脳に相当するという事です。つまり、爆発的な進化が今、始まりつつあるのです。

コンピュータの歴史に例えるなら、真空管やトランジスタでコンピュータというものが出来たけど、真の進化はICが発明されてムーアの法則が始まってからです。同じことが今、人工知能で起きていて、ディープラーニングの発明により、ここからとんでもない進化が始まるという事です。

個人的には、初めてコンピュータに出会った時ほどの衝撃はないけれども、何十年かぶりの世の中の革命的変化に立ち会える気がして、ワクワクしてます。そりゃ、孫さんも引退を反故にするよねぇ。一生のうちに2回も世の中に革命が起こる瞬間に立ち会えるなんて、そうそうないですよ。

シティファーム南砂:解散のお知らせ

突然ですが、僕が運営しているシェアハウス「シティファーム南砂」をスパっとやめてしまう事にしました。明日、解約通知を出し、6月20日に契約終了の予定です。6月18日か19日に解散パーティーをするつもりです。

鉄道模型シェアハウスだった頃から数えて3年ちょい。初めて自分で運営するシェアハウスだった事もあり、思い入れもかなり深いです。正確な数は分からないですが、年間100人程度の人がこの家に遊びに来ていて、住んでいるメンバー以外にも沢山の人の思い出に残る家になったと思っています。

シティファーム南砂に遊びに来た人々

理由としては秩父に割けるリソースをできるだけ増やしたい、というのが大きいです。テレビの仕事をやめ、収入を減らしてまで秩父に注力しているので、ここは勝負時かな〜と。あとメンバーが入れ替わるタイミングが早目に分かっていたのも背中を押しました。

今日も夜はずっと南砂のリビングで過ごして、みんなでご飯食べたり笑点50周年スペシャルを観たり雑談したりして楽しい1日だったので、自分でこの状態に終止符をうつのが信じられない気持ちです。

「シェアハウスの仲間と一生一緒にいられる訳じゃない。だから1日1日が大切なんだ」 by ガッチさん

客観的に言って自分の行動は正しいと思うのですが、心の整理はまだこれから、といった状態です。

   ※   ※   ※

そしてここで1つ【ゆる募】があります。いまの南砂の物件を、そのまま引き継いで借りたい人はいませんか? マンション最上階のオーナー仕様で5LDK。サウナ、ルーフバルコニー付き、日当たり最高の良物件です。家具とか電化製品とかも格安でお譲りします。

僕自身にさほどメリットはないのですが、シェアハウスOKの物件は少なく借りるのも大変なので、シェアハウスを自分で始めてみたい、という人がいたらご連絡下さい。日本に1軒でもシェアハウスが増えるといいなぁと思っています。

ちなみに秩父城は本日満室が確定、シティファームDIY雑色の方も今週テレビの取材が入るなど順調です。引き続き応援よろしくお願いします。

BIC SIMを1ヶ月使ってみた感想

中古のiPhone5s(docomo版)に乗り換えるのをキッカケに AUから BIC SIM(中身はIIJ mio)に乗り換えました。音声付き10GBプランを契約して1ヶ月の感想です。

BIC SIM + iPhone5s

・カウンターで手続きできるのは良い
   普通の格安SIMは郵送とかに時間がかかるし、面倒臭い説明書を読んだりしないといけないですが、窓口に行けばOKなので楽チン。しかも即日開通。

・最初の設定で詰んだ
   自分の場合は iPhoneを初期化してお店に持っていったので、最初の設定でインターネットにつながらずに詰みました。BIC CAMERAだと無料Wifiが飛んでいるのですが、初期化直後だと Safariが使えずログインする事ができなくて詰みました。結局家に帰って設定をするはめになりました。完全に盲点でした。

・料金体系がシンプルで分かりやすい
   使った分を払うだけで、変なパッックとか2年しばりとかないので、分かりやすいし好感が持てます。

・混雑時間は重くなる
   これはまぁ値段が安いのでしょうがない。朝晩の通勤ラッシュの時間帯とかランチタイムが重くなります。ダメってほどではないけど、サクサクという感じではありません。昔のインターネットプロバイダー黎明期を思い出します。利用者の増加が落ち着いてくれば安定してくるはずなので、楽観視してます。

・低速モードと高速モードを切り替えるアプリが地味に便利
   (ざっくりいうと)低速モードはデータ転送量に含まれないので、普段は低速モードにしておくのがオススメ。必要な時だけ高速モードにすれば、案外データ転送量を使わないで済みます。

・無料Wifiは使えない
   Wi2のWifiが無料で使えるんだけど、自分の行動範囲で使える場所がほとんどなくてあまり意味がありませんでした。マクドナルドとか行く人は便利かも。

・AUの回線と違って、音声通話しながらデータ通信ができる
   docomoしか使った事がない人には分からないと思いますが、AUの回線は音声通話しながらデータ通信ができません。僕はテザリングでPCを使いながら電話で話したりするので、ここがイライラするポイントでした(VoLTE対応だと違うかも)。BIC SIMはdocomo回線を使うので、電話しながら普通にデータ通信が出来て便利です。

・費用対効果は大手キャリアよりずっと高い
   値段設定が安いのでたまに重くなったりはするけど、それ以外は大手キャリアと同じ感覚で使えます。費用対効果やコスパ的満足度は高いです。欲をいえば料金は少し高くてもいいから、全然重くならない快適なプレミアムプランみたいなのがあると嬉しいかなと。

という印象です。

MNVOが増えても大手キャリアはちゃんと利益をあげられるはずなので、誰も困らないのではないかと。無駄な CMとか店舗維持費とか窓口対応とかの費用はできる限り削減するのが世の中の為なんじゃないかなぁと思います。

秩父城オープンしました

僕が企画・運営する3軒目のシェアハウス「秩父城」が2016年4月15日にオープンしました。埼玉県秩父市で初めてのシェアハウスです。
秩父城外観

こちらはオープニングパーティーの様子です。
13036411_1158426477523346_390208447_o

都会はシティファーム(南砂雑色)、田舎は秩父城が出来た事により「田舎と都会をつなぐシェアハウス」というコンセプトがついに実現できました!!

ここまで来るとは思っていなかったので、ちょっと感慨深いです。

ほっと一息

今日はシティファームDIY雑色の新メンバー、ヤエチカがスタッフをしている着物DE交流に参加。
2016-04-24 14.30.59

2年ぶりぐらい? で着物を身にまとい、亀戸の街を歩きました。知らなかったんだけど、亀戸北口の商店街って、箱で野菜を売る店があったり、いかにも中国って雰囲気の店があったり、リトルアジアっぽい感じで面白いのねん(写真忘れ)。亀戸は南砂からバスで1本で行けるし、実際によく行くんだけど、ゆっくり歩いた事がなかったので新鮮です。

イベントは大盛況で80人以上は参加していたはず。途中でチームに分かれてミニゲームをこなしたり。
着物でポップコーン

ナレーターの兼子さんと久しぶりに会ったりしたのでした。
ナレーターの兼子さん

亀戸の歩行者天国でみかけた、きびだんご屋さん!! 生まれて初めてみたよ! その場で団子を茹でて、きなこ? をつけて出してくれます。
きびだんご屋さん

最後に目的地の亀戸天神社に集合してイベント終了。集合写真はまだUPされてなかったので、とりあえず自分の写真。
亀戸天神社にて

帰りには亀戸餃子を食べたりして、一日亀戸を満喫したのでした。

ほんでもって南砂のシェアハウスに戻ると、大ちゃんがパーティーやってて。僕はビデオの編集の仕事があったので参加しなかったのだけど、ワイワイとっても楽しそうで。

なんか久しぶりに休日らしい休日を取った感じがして、気分が大幅にリフレッシュ。編集の仕事が一段落したので、ブログを書こうと思ったのでした。写真は南砂に戻って、大ちゃんに撮ってもらった1枚。割とお気に入りです。
シティファーム南砂にて

六本木のテレビ局の番組を離れました

途中、ちょっと抜けたりはしたけれど、だいたい20年ぐらいお世話になっていた六本木のテレビ局。3月一杯で番組を離れる事にしました。
六本木のテレビ局での仕事を終えて
4月からは夢グループ(小林旭さん、松方弘樹さんらが所属)という会社の Web管理を週3日ほど、残りは秩父で畑を耕したりシェアハウスの管理をしたりして過ごす予定です。

しばらくは「今まで手が回らなくて雑になっていた部分」をちゃんとやる事に専念しようと思っています。そして建国だ!

仕事帰りに Blue Straightのライブに行ったら、かなり良かった

Blue Straightライブ@高円寺HIGH
3月4日の金曜日、ちょっとだけ仕事を早く終わらせて高円寺に向かった。コーラルのバンド、Blue Straightのライブを観に行くためだ。

そう、「聴く」というより「観る」、あるいは「参加する」というのが、このバンドのライブを形容するのに相応しい言葉だと思った。それくらいエキサイトなライブだった。

  ※  ※  ※

コーラルと初めて会ったのは、妖怪ハウスのリビングで飲んでいる時だった。1ヶ月ぐらい前に3人でコタツ飲みしている所にコーラルがやって来た。そして怒っていた。

「日本のライブハウスはおかしい。なんであんなに金をピンパネするんだ!!!」

イスラエルとクロアチアのハーフだという彼女は、あまりにも流暢な日本語で、その怒りを僕たちの方に向けて来た。

コーラルはひとしきり怒ったけど、そんな事で世の中が変わるはずもない。僕が「だったら自分でライブハウスを運営すればいいじゃん!」とつれない言葉を投げつけてそれは終わった。

その後、何を話したのか覚えていないのだけど、そろそろお開き、というタイミングでコーラルが今度ライブをやるので観に来てくれ、チケットを買ってくれ、と言ってきた。それも外国人ならではの「押し」の強い感じで。

そもそもインディーズバンドは売れてないからインディーズなので、あんまり期待できない。僕はちょっとイラっとしたし酔った勢いも少しあって、こんな風に言った。

「分かった。チケットを買うよ。その代わりつまらなかったら二度と行かないよ?」

コーラルは「絶対最高だから! 自信ある!」と言ったように思う。いや、言い切っていた。そしてライブの日が来て、僕は「この勝負、負けたな」と思ったのだ。

  ※  ※  ※


Blue Straightのライブはスピード感とエンターテイメントにあふれていた。僕はまだ高校生だという弦太のドラムが好きになった。彼の勝気なドラムは、僕の心を体を震わせた。

ステージの上にも観客席にも色んな国の人がいた。音楽の聴き方は人それぞれだった。黙って聴く人。軽くダンスしながら聴く人。聴くというよりはジャンプしたり暴れているといった方が近い人たちも居た。その時、観客はただの観客ではなく、エンターテイメントの一部になっていた。その時、東京の片隅の地下にある小さなライブハウスで、何かが起こっていた。

仕事をそそくさと終わらせてアルコールを少し飲みながらデカい音で音楽を聴く。ステージには、世間では知られていないけど、しっかりとファンのついているバンドが演奏している。それも、手の届く距離で。

「ああ、僕はこういうライブを求めていたんだな」と、アンコールが終わった時に気がついた。それは音を楽しむだけでなく、人生を楽しくする為の空間。こういう時間と場所が今の自分に必要なものだと確信した。

僕はライブハウスを後ににしながら、Blue Straightの次のライブはいつかな、出来ればワンマンライブがいいな、なんて事を考えていた。

久しぶりにガラケーを使ったら、色々と終わっていた件

仕事で久しぶりにガラケーを使いました。N-01Gです。
docomoの最新ガラケー N-01G

とあるWebサイトの動作検証用としてもっぱらネット接続とメールを試したのですが、「とにかく使いにくい」の一言です。色んなボタンに好き勝手に機能を割り当てて、一体何がどうなっているのかサッパリ分からない。イライラしっ放しでした。

docomoの製品サイトでは、こう紹介されています。

使いやすく進化。上質なデザインの長持ちバッテリー防水ケータイ

いやこれ、何かの冗談でしょう。10年以上docomoの携帯を使っていた僕が使い方が分からなくて四苦八苦するのですから。

さらに「スマートデバイスリンク」という機能があって、カバンの中に入っているタブレット(やスマホ)に届いたメールの着信をガラケーで受けられるんです。でも、ガラケー用に書かれたメールとタブレット(つまりPC向け)に書かれたメールでは書式が全然違うから、あんまり実用性がないんじゃないのかなぁ。LINEのメッセージはどうやって受け取るの? Facebookのメッセージは? 着信したらわざわざタブレットを出して返信するってか? そもそもこれ、タブレットがLTEとか契約している前提だよね?

なんというか通話はこれで十分ですが、少しでもネットに絡む何かをしようとすると激しく使いにくい。例えそれがメールを打つだけの単純作業だったとしても、スマホに慣れてしまったのでUIが使いにくすぎるんです。GUIを知ってしまったらCUIに戻れない感じ。使い方がバラバラで初期のPC98のアプリを使っている感じなのです。

作っている方には申し訳ないけど、これは完全に進化の袋小路にはまってしまっていると思います。できればもう作らないで欲しいんだけどなぁ、ガラケー。でも僕が仕事で作っているサイトには一定のアクセスがあるから対応切れないんだよなぁ。むむむ。

二丁目ごはんBAR Vol.4

毎月最終金曜日の夜だけ営業する幻のお店『二丁目ごはんBAR』
今回は埼玉県秩父市で雲海写真を撮り続けている若き写真家の田中健太さんをスペシャルゲストとしてお招きします☆

参加される方はこちらのfacebookイベントページからポチッとしてね(しなくても大丈夫だけど)。

★田中健太さんとは★
タナケンプロフィール
埼玉県秩父市在住の目白大学社会学部の2年生。2年ほど前から「東京に一番近い雲海スポット」としての秩父雲海に気づき写真を撮り続けている。現在秩父ミューズパークで雲海をテーマにした写真展を開催中のほか、マスコミに多数登場。自身のFBやTwitterで「雲海予報」を発信中。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010485367861
https://twitter.com/kuraaken
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/02/08/09.html

︎トークタイムは20時〜1時間程度ですが、その後、田中さんと一緒にお酒を飲みながらお話いただけます。

もちろん、いつも通り美味しいお酒とごはんもご用意して、内田と美由紀もお待ちしております♪ 今回も19時スタートです。お間違えなく。

最寄駅:都営新宿線新宿3丁目駅(JR新宿駅からも歩けます)
住所:東京都 新宿区新宿2-14-10 第二篠原ビル202
https://goo.gl/maps/MxbarmEtb962